« December 2003 | Main | February 2004 »

January 2004

Jan 30, 2004

スピリット故障中の自画像

スピリット、地球からの指示で画像送信 (ロイター) - goo ニュース
images/spirit040130 緊急事態用のカメラが送ってきた画像です。岩石を分析しかけて止まっている(のでしょうか?データが送信できないだけなのかしら)様子がちょっとかわいそうな感じがします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 26, 2004

NASA大喜び

asahi.com : 2台目の火星探査車、着陸に成功 1台目も復旧の見込み
Scientists celebrate Opportunity
New Zealand News - World - Second US Mars rover takes its opportunity
なんとOpprtunityも、火星着陸に成功しました。既に画像も送信されて来ています。スタッフの嬉しそうな顔!
スピリットの状態も「致命的な(critical)」から「深刻な(serious)」に変わったそうです。New Zealand Newsにはかなり詳しく記載されています。フラッシュメモリーの不具合でリセットが繰り返しされており、バッテリーを消耗しっぱなしなので、cripple mode にしてシャットダウンし、充電してから再起動することでいけるのでは、と踏んでいるようで。 cripple mode とはなんざんしょ。なんかセーフモードみたいなもんですかね。上手く行くといいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 24, 2004

まだ、死んじゃいないさ。

ABCNEWS.com : NASA Gets New Signal From Mars Rover
金曜の朝に10分間だけ意味のあるデータを受信できたそうです。希望の光が?修理できるといいですねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スピリット、お前もか

なんつって。
asahi.com : 火星探査車からデータ送信断絶 NASA「非常に深刻」
ああ、私が仕事に追われている間に、こんなことになっていた。
今日は、火星のマクドナルドの画像をもらって喜んでいたというのに・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 21, 2004

そうだ、そうだぁ

Nikkei BP Network | BizTech | フュージョン、自社のIP電話などからPHSへの通話を2月4日から可能に
 今回のサービスは、「直収電話やIP電話から携帯電話やPHSにかける場合に、発信側の事業者に料金設定権を認めるのが適当」とするガイドラインを、総務省が2003年6月に示したことを受けたものである。
料金設定はかける側が決めていいんだよね、って話。え〜、もしかしてそうじゃなかったの?確かに携帯にかけると高い金を取られる。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Jan 20, 2004

モビルスーツかな?

あの“モビルスーツ”に乗れる! 買える! : IT Pro ニュース
といっても、別にモビルスーツの実物大モデルが買える訳ではないので、誤解のなきよう。
images/enryu でも、片手500Kgを持ち上げられる人型のレスキュー用ロボット「援竜」が、実用化されるのだから面白い話である。
コレが一台、消防署の片隅に座り込んでいる姿を想像してみよう。確かにガンダムワールドかもしれない。足下はガンタンクっぽい。頭は子どもの頃持っていたピンク色のロボット(ああ、名前忘れた)に似ている。少しETのようでもある。
それにしても、一体5000万である。日本は地震が必ずある国だから、悪い買い物でもないのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 19, 2004

もっと紙に近づく

Nikkei BP Network | BizTech | 富士通研、コピー用紙と同等の表示品質を実現する電子ペーパー材料
電子ペーパーについては、結構好きで追いかけています。以前ニュースで見かけたものは、コントラストが今一歩だったりしたのですが、これはコピー用紙と同等まで近づいたという話。電子ペーパーって、「せんせい」と似てるんですよね。
使い方を具体的に考えようとしていますが、ぶつかるのが作る側が閲覧性に気持ちが行きがちだということ。電子ペーパー一枚に文書を出力して、何十ページ分をめくってみているように使えるとかは、多分考えているんだと思います。作った文書を送ると、たいていの人はすぐ印刷するけど、あれは見やすいから。
でも、もう一つ印刷する理由があって、チェックや校正が早くできるから。だから紙に取って代わるなら書き込みができなければ。紙より優れているように作るのだったら書き込んだものをデータ化してくれるとか。人の電子ペーパーにピピッと出力するとか。しかし、何をするにしても面倒なデジタルの世界の話です。閲覧性を高めるのならなんとかなるけど、書き込ませてどうこうとなると、考えるだけで面倒くさそう。アナログならスマートなのになあ。
そうなると、今のところベストソリューションは東芝の消えるインクかなあ。これも「せんせい」っぽい。もうちょっと真面目に考えをまとめる時間が欲しいところだけど。以上。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

花粉予測

MedWave : 今春の花粉飛散量、関東は例年比5~30%前後--気象協会予測
前から言われていたことなのですが、一応流れがあるのでこちらに。嬉しい予測です。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

なぜ怖い?トリのインフルエンザ

MedWave : 【インフルエンザ速報】 高病原性H5N1はヒト感染で多臓器不全引き起こす、香港、ベトナムの症例で判明
これが、トリのインフルエンザで大騒ぎする理由だそうです。多臓器不全って死ぬ前にかかるやつというイメージがあるんですが、実際に亡くなられているそうです。
現在アジア各地で猛威を振るっているトリインフルエンザ(H5N1)は全身に感染しうる。国立感染症研究所ウイルス第3部長の田代眞人氏は、「1997年の香港や今冬のベトナムで発生したH5N1のトリ−ヒト感染で明らかになった病理所見などを見る限り、実質的には多臓器不全である」と言い切る。
インフルエンザというと風邪のひどいやつというような認識しかなく、他の臓器をどのように痛めるのか想像もつかないだけに、怖いです。トリさんがお肉にならずにどこかの収容所の話を彷彿とさせる方法で埋められて行くのを見るのも複雑ですが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 17, 2004

コナミとタカラでお洒落なライフスタイル提案

impress AV Watch:コナミ・タカラ、新商品を合同発表
images/pm0kasituki ゲーム屋さんに玩具屋さん、ですがとってもお洒落な家電を作ってくれます。ブランド名は「±0」。液晶TVやDVD/MDコンポ、ライトや傘までいろいろ扱う予定があるようです。
なんといっても気になるのがこの写真。なんと「加湿器」なのだそうです。かわいい〜。癒し系の水系オブジェかと思いました。
全体にお値段もそれなりですが、シンプルながらリモコンだけ多機能だったり、触って試してみたいと思うようなものばかり。どこのお店に並ぶのかなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Jan 16, 2004

Macで火星の映像を見ました

ITmedia PCUPdate:NASA/JPL謹製のMaestroを使って「Macで火星観察」
想像力を膨らませて観ると、すごく楽しい。でも何も考えずに観るとただの荒野です。実際に研究者に使用されているというものだけに、いろいろと遊べるのですが、私のマシンではややパワー不足。
OSXで使うには、まずAPPLEからJava 3D and Java Advanced Imaging Updateをダウンロードしてインストールするというひと手間が必要。
しかるのちにこちらで Maestro をダウンロードしてインストール、そして、しばらくは毎週公開されるというデータファイルをダウンロードしてインストールすることでやっとスピリットが火星で撮影した画像を堪能できる。3D表示などもできるのだが、パワーが弱いマシンだと処理がなかなか進まなかった。よって画像を貼るのは断念。リンク先からリンクされているAPPLEの紹介ページで見てくださいませ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

歩き始めたスピリット

asahi.com : 米探査車スピリット、火星の大地へ一歩 本格調査開始へ
ちょっと苦労もあったけど動き始めた。とりあえず、これだけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

月から火星へ—財政赤字でもがんばれ

asahi.com : 「月面基地から火星目指す」 米大統領が新宇宙戦略
月で宇宙船を作って、火星に人を乗せて行くという計画。とっても楽しそうですね。
世の中の人工的な事象の全ては政治家の選挙の道具なのでしょうか。研究者もそこから降ってくる金のおこぼれを待って、多ければ派手に遊び、少なければショボく遊ぶ、そういう生き方なのでしょうか。
という厭世的な見方もしつつ。せっかく人間ですから、見せ物とパンをもらったら素直に喜びます。
積み増し10億ドルが出るかどうか。面白いので頑張ってほしいですね。
■新宇宙戦略の骨子■
 10年までに国際宇宙ステーション(ISS)を完成させ、シャトルは引退。ISSで宇宙飛行の健康影響などを研究。

 新ロケット・宇宙船は08年までに試験飛行。14年までに有人飛行。地球軌道外への飛行が主目的だが、シャトル引退後のISS輸送も担う。

 月探査は、遅くとも08年から複数の無人機を打ち上げ、15〜20年に有人機を月面着陸。長期滞在可能な月面基地の建設。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

切手コレクターならずとも

asahi.com : 「竹島切手」、予定通り発売へ 郵便局に問い合わせ殺到
何が殺到したのかと思いきや、(一瞬、発売に対する抗議が日本の郵便局にまで来ているのかと思ったが)人気沸騰で手に入るかどうかの問い合わせが韓国の郵便局に殺到したってことらしい。
韓国の切手って日本で買えるのかな、無理かな。ないとは思うけど、日本も竹島切手を出したら並べて悦に入るつもりなんだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 15, 2004

死体でも使えるのかが気になるところ

Nikkei BP Network | BizTech | JCBなど5社、マンションに「血流認証」を導入
生々しいタイトルで恐縮です。
よく映画などで、眼球の虹彩による認証とか掌紋の認証のある扉を悪い輩が開けようとするときに、アクセス権のある人を殺害して鍵となる部位を切り取ったりするシーンがあるので、気になった次第でした。血「流」っていうから流れていないとダメなのかと思って。その辺を読み取ろうとすると
 血流認証は、光学技術を用いて指内血管パターンを検出する方式の認証システム。血管パターンは、指紋と同様に個々人で特有のパターンを持ち、一卵性双生児でも全く異なる。また、指紋認証などと異なり、接触面が非常に小さいため、汚れなどによる誤認識率が非常に低いのが特徴。本人拒否率0.01%、他人受入率0.0001%の精度を実現したという。
以下はJCBのプレスリリースから。
「血流認証」とは、現在、次世代のセキュリティ認証手段として盛んに研究されている生体認証技術(バイオメトリクス)の一つです。特定遺伝子の作用によって組成される個々人特有の血管パターンに着目した認証技術であり、光学技術を用いて指内血管パターンを検出し、特殊な画像処理を施し、そのデータを基に個人認証を行うものです。
うーむ、どちらとも取れないですね。既に掌の静脈パターンによる認証は存在しているのですが、「指」なのが世界初なのか、「血流」なのが世界初なのか。やっぱ「指」かなあ。
まあ、指だったら殺されることもないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

使うからには作らなきゃということか

Nikkei BP Network | BizTech | 東京都、日本最大規模の太陽光発電設備の建設へ
浄水場の濾過池の蓋に太陽電池パネルを貼るのだそうです。
東京都では、今年度から4年計画で、合計8つの浄水場に順次太陽光発電設備を設置していくという。これらすべてができると、年間の総発電量は約420万kWhとなり、年間の二酸化炭素削減量も約2000トンになる見込み。
2000トンというと、12月のヨーロッパの排出権取引の相場では約25,000ユーロ。今日のレートでは3,344,867.25円でした。って、こういう計算に意味はあまりないのでしょうが。では、420万kWhは、如何ほどかというと、TEPCO : 電気料金単価表 | 電力の業務用電力(夏料金でないほう)としてテキトーに計算した場合、45,907,560円という立派な数字になるのでした。何年くらいで元が取れるんでしょうね。工事費を比較に出さなきゃ公平じゃないけど、今日はここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 12, 2004

大相撲はgooでね

goo 大相撲が開催中の一月場所から始まった。
取組速報に加え、リアルタイムでの映像配信もある。
力士ごとの成績などを見るのも簡単だ。霜鳥関は二日目までで二勝〇敗(しかし、もう蓬は閉店したので彼が勝ち越してもドリンクが150円になることはないのだ。嗚呼・・・)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 10, 2004

12.5ユーロ/t。何の相場でしょう?

Nikkei BP Network | BizTech | EUで二酸化炭素の排出権価格が2倍に上昇
ノルウェーのポイントカーボン社というシンクタンクの調査による。
2003年に欧州連合(EU)で取り引きされた二酸化炭素(CO2)の排出権価格は、4月から12月の間に約2倍に上昇した。
開始時に1トンで約6ユーロだった取引価格が、12.5ユーロに。なんと倍である。買っときゃよかった?
今後の成り行きも、売る方に回る企業と買う方に回る企業とのバランス次第となるのだろうが、思案のしどころだろう。制度の目的から行くと、達成値に合わせて目標値は徐々に厳しくなるだろうから、相場は維持されて行くのかな。
制度説明は下記。
 EU排出権取引制度は、金属、発電、建設材料、紙・パルプなどの大口CO2排出者に排出許容枠を課し、排出量が自社の排出枠を超えた企業と満たなかった企業とで排出枠を取引する制度。EU域内にある約1万3000カ所の事業所が参加する予定だ。同制度に基づく正式な取引は2005年1月に始まるが、制度開始に先駆けて、2003年2月から取引が始まっている。制度開始以前の取引は、先物取引という形で行われている。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

iPod mini をもうちょい詳しく

Nikkei BP Network | BizTech | フォトレポート:小型軽量のiPod 弟分「iPOD mini」
手に握った感じを確認できる。しかし、やっぱり高いと思います、私は。
ジョギングしながらとかスポーツクラブでマシンを漕ぎながら音楽聴いている(逆か。聴きながら運動してるんだ・・・)アメリカ人をよくTVで見る。ああいう人たち用に作ったらしい。
あと、メモリー容量の関係で録音機能は使えないらしい。おうい。

| | Comments (19) | TrackBack (0)

世界一周のための特別な飛行機

theBakersfieldchannel.com - News - Virgin Atlantic Airways Reveals Global Flyer
images/VAGFアメリカの冒険家、Steve Fossett氏が、80時間世界一周無着陸単独飛行に挑戦するのに使う飛行機が公開された。その名も、GLOBALFLYER。ヴァージングループのRichard Branson卿が補欠パイロット。Fossett氏は、2002年に世界一周単独気球旅行をやはりBranson卿と協力して成し遂げた。
今度はこのペアで途中給油なしの世界一周単独飛行に挑む。そのため、GLOBALFLYERは機体重量の約5倍に匹敵する燃料を搭載できる。
そういえば、「世界一周」の定義ってなんだろう。全ての経線を横切り、赤道の周囲より長い距離を移動するとかだろうか。
公式サイト↓リンクつながるようにしました(2004-12-14)
VIRGIN ATLANTIC GLOBALFLYER

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Jan 07, 2004

カラフルでミニなiPod!

米Apple,iPodの小型モデル「iPod mini」を発表,容量4Gバイトで重さは約100グラム : IT Pro US News Flash
images/ipod_mini
平板を巻いたようなルックスで、背面も素敵。iPodも15GBが出たことだし、花盛りである。
買わないけれど、迷うなあ。HDの容量はminiの4倍近いのに価格はあまり変わらない15GBの方が得だが、小ささはなかなかのものである。重さも卵二個分なのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カラー写真来ました。

JPL News -- Color Picture from Spirit is Most Detailed View of Mars Ever Seen
取り急ぎ。茶色い土地ですね。何もないように見えますが、専門家が見ると見るべきものでいっぱいのようです。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Jan 06, 2004

もうすぐカラー写真が

Discovery Channel :: Spirit Sending Color Pictures from Mars
というわけで、もうすぐスピリットが撮影した高解像度のカラー写真が公開されるはず。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

長野県→信州県?

asahi.com : MYTOWN : 長野 (田中)知事が「信州」に改称を検討/仕事始め
思わず笑っちゃいましたが。
 「観光で信州という言葉が躍っても、長野が用いられることは少ない」。田中知事が県名変更の理由としてあげたのは、観光面でのPRに「信州」の方が通りが良いことだ。
 「長野県と言われて思い浮かべるのは例えばガラス張り知事室であり、県政改革だ」
ちょっと、自意識過剰かも。確かに、長野への旅行パンフレットは「信州」と書いてあることが多いですが、だからこそ県名そのものを変更する意義はないように思われます。県民の方たちはどう思っているんだろう。松本市長は、
「だれもそんなことを考えていない。知事は思いつきで言っているだけで論評の価値もない。その前にやらなければいけないことはたくさんある」
とおっしゃっているそうですが。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

某誌で「スイカでイコカ?」って見出しになりそう

asahi.com : 「スイカ」と「イコカ」秋にも相互利用可能に JR東西
まず、JR西日本の「スイカ」にあたるのが「イコカ」という名前だというのを初めて知った。関西ぽいですね。やはり「コ」のとこにアクセントがあるのだろうか。それとも尻上がりになるのか(んなわけない)。
関東、関西の私鉄もJRとの相互利用を前提にICカードの開発を進めており、近い将来、東西の巨大鉄道網が1枚のカードで利用できるようになる。
なぬ、私鉄とな。今のパスネット軍団もスイカで乗れるとでも言うのだろうか。
 関東の私鉄・地下鉄、バスの計43社もカードを共同開発中で、06年春から、まずJR東のスイカと相互利用できるようにする。
ということは、2年後である。しばらくはパスネットを使うことになりそうだが、この、ワンクッションに何の意味があったのだろうか。
そういえば、バスも今度は入っている。バスカードは、5,000円で5,850円分使えるカードが買え、お得度が非常に高いが、この良さがなくなってしまうようで怖い。ICカードもプリペイドだから、如何に設備に金がかかろうともちょっとは優遇してほしいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 05, 2004

こちらは大丈夫でした(スピリット)

asahi.com : 探査車スピリットが火星に着陸 水存在の証拠求め調査へ
ビーグル2が失敗だったことで嬉しさもひとしおだったのか、TVで見たスタッフの喜び様は凄かった。何しろ、
火星着陸の成功は6年半ぶり4回目。
なのだ。成功例を調べると
Mars 3(旧ソ連)(1971.5.28打ち上げ)
Viking1(米)(1975.8.29打ち上げ)
Viking2(米)(1975.9.9打ち上げ)
Mars Pathfinder(米)(1996.12.4打ち上げ)
ありゃ、一個多い。アメリカでは4回目ということでしょうかねえ。Mars 3は着陸は成功しても、信号が20秒で途絶えたというから数に入っていないのかな。数えてみると、着陸計画のあるプロジェクトの半分以上は失敗している。
スピリットは3ヶ月間探査を行うとのこと。
既に映像も送られてきており、エキサイティングだ。
ソースは下記。
月・惑星へ - 火星・赤い星へ - 月探査情報ステーション

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 04, 2004

たまには飛行機ネタで

田中宇の国際ニュース解説:ボーイングの凋落と日本の可能性
愛読の田中宇(さかい)さんの記事より。田中さんの視点では航空機製造という切り口から今後の日本の国家運営の方向性を論じるものだが、ここは単純に飛行機ネタを楽しむ。
10年以上新シリーズを出していないボーイングが構想する新型機7E7の開発製造に日本のメーカーが参画することになるという。
以下、記事を引用。
 日本は、戦前は「ゼロ戦」に象徴されるように、かなりの航空機技術を持っていた。だが戦後、日本が軍事転用できる高い航空機開発能力を持つことを望まないアメリカは、なかなか日本に航空機開発を再開させなかった。日本で結実した戦後の航空機開発は1960年代に完成したプロペラ機「YS11」だけだ。
(中略)
 戦後の日本の経産省や重工業界にとって、航空機の開発は「夢」だった。そこにボーイングは目をつけた。日本の重工メーカー3社に7E7の開発製造の35%をやってもらう代わりに、開発費も負担してもらうという方法を採った。
images/B7E7 左は7E7のイメージ。
この開発費の負担だが、「航空機国際共同開発促進基金」なる財団法人から30億ドルの助成を受けるようボーイングが提案しているという。航空機国際共同開発促進基金のサイトを見ると、B777の開発にも助成していることが分かる。だから何だという訳ではないが、まあ、仲がいいのね、という感想。
7E7の情報及び開発状況については、こちらのボーイング公式サイトで。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

Jan 02, 2004

夢を諦めないで(しつこくBeagle2)

Fort Frances Times Online :Mars orbiter moved to search for missing lander
ESAは、ビーグル2を探すためにMars Expressの軌道を修正したとのこと。12月30日、ESTの午前3時に、まずは現在赤道上の軌道にあったMars Expressを極軌道(っていうのかしら)に修正。翌週かけて、現在約189,000 kmの高度にいるものを地表200-250 kmにまで降下させる。これによってMars Expressのレーダーで水や氷の痕跡を探査可能になるらしいが、同時に消息の知れないビーグル2の捜索が可能にもなる。
ということで、がんばってビーグルを見つけてくれるのを祈ります。あ、本業のほうもぜひがんばって。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2003 | Main | February 2004 »