« January 2004 | Main | March 2004 »

February 2004

Feb 26, 2004

ほうき星に乗って

CNN.com - Europe to launch comet chaser - Feb. 25, 2004
この記事を下書きしておいたのだが、打ち上げは延期されてしまった。
ロゼッタストーンに因んでRosetta と命名されている欧州の彗星調査機が打ち上げられる。Rosetta は、Philaeという名前の着陸機を持っていて、彗星の核に着陸して調査を行おうという10年以上もかけたプロジェクトだ。なんだって10年もかかるのかというと、地球と火星を使って4回もフライバイをしなければ、目的のタイミングで彗星をキャッチするスピードを得られないのだそうである。
「彗星にタッチ」は既にアメリカが先に成功させているが、核への着陸はまだ誰もやっていない。10年後にまた盛り上がるのが楽しみ。失敗しないようにじっくり打ち上げてくださいませ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Feb 25, 2004

あなたはそれを見るか

有料の死刑中継、見たいのはビンラディン氏がトップ=米調査 (ロイター) - goo ニュース
かつては、著名な犯罪者や重罪人は公開処刑されたり、日本だと磔や晒し首になったりもしたが、今は大衆の目に触れるところで死刑というのは行われない。死刑自体の廃止も論じられる中、倫理的にも許されないという認識が多いのではないかと思われる。
この調査は下記の要領で行われたものだ。
 調査は、1月24―26日に、ハリス・インタラクティブ社が、ケーブルテレビTRIOの依頼で、18歳以上の全米市民1000人に対し、電話で実施した。
 質問は、もしも死刑が有料テレビで中継されるとしたら、誰に対する刑の執行を見るため金銭を支払う可能性が最も高いか、というもの。
この記事だと物足りないので、下記も参照。
Poll: Many Americans support TV executions - billingsgazette.com
MSNBC - Two-thirds of Americans support TV executions
最も、というところから回答できる対象は一人と思われる。選択式だったのか任意回答だったのかは分からないが、両方の記事によると、10人に3人は、オサマ・ビン・ラディンが死刑中継されてよいとしており、21%が金を払ってもいいと言っている。また、18%がフセイン元大統領の死刑中継されてよいとし、11%が金を払っていいと答えている。37%が死刑の中継はされるべきでないと言っているが、私の予想よりかなり少ない数字だ。また、MSNBCによれば中継は見ないと答えているのは54%である。半数近くは(金を払って?)見る気がある訳だ。

この結果はどうだろう。TRIOケーブルは本気なのか。本気でなければ調査はしないだろうけども。そして、全米市民は本気なのか。911のことがあるからビンラディン氏に対する反感が強いのは頷けるが、それにしても有料でTV中継との話である。法的に許されていないことを祈る。

かつて、公開される死刑は、見せしめのような意味合いがあると同時に、庶民にとってはある種の見せ物ともなっていただろう。現代の社会の基準から見れば悪趣味極まりないが、スタンドバイミーで少年たちが死体を探しに行ったように、情緒的関わりのない他人の死を単に見たいという気持ちや、ちょっと言葉を飾って見届けたいという気持ちがないはずはないのは確かだ。そこに目をつけたのだろうが、ここで金を払って死刑を見るという行為を許すと、せっかく歩んで来た人間社会の道を逆行することになる。しかも、今度は見せしめの要素は限りなく0になり(なにしろ金払わないと見せてもらえないんだから)、見せ物の要素が100%である。
日本で同じ調査をしたい。そして全く異なる結果が出ることを見て安心したい、と思ったりした。

「昨日の死刑見た?」
「見た見た、思ったよりあっけなかったよねー」
「ねー」
「いいな〜、うちもトリオケーブル入ろうかな〜」

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Feb 16, 2004

言霊について

マイクロソフト、「Microsoft Office 2003」からハーケンクロイツの記号を削除 (IMPRESS) - goo ニュース
ちょいと、微妙な話になりますが、たまにはこういうのも。
「Microsoft Office 2003」に付属している記号フォント“Bookshelf Symbol 7(以下、Bssym7.ttf)”から不適切な記号を削除するツールを“重要な更新”として公開した。同ツールを実行すると“Bssym7.ttf”から、寺院記号の卍(まんじ)とは回転方向が逆向きの“逆卍”、逆卍を45度右方向へ回転させた“ハーケンクロイツ”、正三角形と逆三角形を組み合わせた星形の“ダビデの星”という3つの記号が削除される。
ナチスの象徴であるハーケンクロイツの記号と、ユダヤ人が腕章につけることを義務づけられたダビデの星。これらは、2003より前のバージョンでも日本語版のOfficeなどには入っていたもので、見かけたことがあるはず。
「Microsoft Office 2003」になって全世界向けのバージョンに含めてしまい、“ハーケンクロイツ”の所持を禁じている国があるため、謝罪だけではなく全世界的に同記号を削除する必要があったと
いうことらしい。
そこで、何が言霊かというと、日本人の歴史・文化について言霊という視点から分析した結構面白い本(言霊:井沢元彦著)を読んだことがあって、その内容を思い出すと、この記号を消すと言う行為はなかなか興味深いことなのである。
本の内容としてはだいたい、「言葉にしたものは実現する、不吉なことを言うと現実となる、そういう信仰は昔の迷信だと思うだろうが、そんなことはなく日本人は今も言霊という思想の悪影響を受けているのだ」という切り口で結果的に事実の隠蔽として作用してしまう言霊的発想による弊害をあれやこれやと例を挙げているものだ。
どういう経緯を経て、一部の国でこの「“ハーケンクロイツ”の所持を禁じて」おり、ひいてはパソコンのフォントにその記号が入っていることも問題になるようになったかは、正確には知らないので、ちょいと気が引けるのだが、言ってしまおう。
当たり前だが、その言葉や象徴するものを隠蔽したとてもその事実は消えないのである。そもそも、とにもかくにもこの記号を見ると気分が悪いから国民全員で目を背けたいというのが動機であるのなら目的通りであるからいいのだが、憎んでも憎みきれない存在として地上から抹消したいと思っていても、史実は存在する。憎むべき歴史に学ぶには、それを語る言葉や記号が消されていては困るのだ。例えば、映画とかはどうしているんだろう。記号部分はモザイク?まさか上映禁止にはならないと思うのだが・・・。
ハーケンクロイツがどんなものかは、幸い日本語に卍があったおかげで説明しやすい。しかし、単に鍵十字と言われて知らない子どもが想像するのは様々な記号だろう。では、「正三角形と逆三角形を組み合わせた星形の“ダビデの星”」はどうか。何も知らない子どもにこれを説明して全員が同じ記号を書けるか。どういう記号をどういう理由で憎むのか、説明するだけで骨が折れる。果たしてシンボルに罪はあるのだろうか。忌まわしい歴史を持つシンボルを崇めるようなことをすれば、不謹慎とされても当然だけれど。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎いという諺を持ち出すのは問題ありますかね。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

マジっすか(Palm with Mac only)

ITmedia PCUPdate:Mac版Palm Desktopが終了、Missing Syncで同期機能を提供へ
詳細はよくわかりませんが、どうやらそういうことのようです。Missing Sync は、既に買って使用中ですが、CLIEでない人も買わなくちゃならなくなる日が来るんですねえ。

翌日補足。
Palm OS Cobalt (OS6) において、Sync機能が提供されなくなるということでした。
Cobalt については、下記リンクの記事に記載があります。
PalmSource、新OS「Palm OS Cobalt」を発表

Mac系 | | Comments (0) | TrackBack (0)

ガウンを着て卒業したかったら

asahi.com : 東大卒業式にガウン着用導入 オックスフォードがモデル
外国の大学生が来ている四角いハカセ帽子にガウンのスタイルを卒業式に導入とのこと。デザインはオクスフォードがモデルだそうで。
どっちかっていうと、アルバムの撮影のときに貸してほしいなあ。
4月からの法人化に伴い、これまで以上に大学の独自性が求められているため、「卒業生を大事にしたい」との思いが込められているという。
独自性で、ガウン。そんなものですかねえ。
ちなみにガウン、フード、角帽のワンセット53,000円で販売もあるそうです。
はいからさんスタイルとどっちがいいのかなあ(それともガウンの下ははいからさんか)。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Feb 12, 2004

未来の船が浅草−台場を

松本零士さんデザインの水上バス、浅草―台場間に3月就航 (朝日新聞) - goo ニュース
images/himiko左は、3月に登場する水上バス「ヒミコ」。あの松本零士さんのデザインです。私的印象としては、ナウシカの王蟲と宇宙戦艦ヤマトが合体したような感じ。
昔の夢ある時代の「未来」像って感じでいいですね〜。記事の料金は通常運賃以外に必要な300円の座席料を加えた金額です。一日5便運航する予定とのこと。
水上バス

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Feb 08, 2004

プログラミングLEGO、商品化してほしい!

ITmedia ライフスタイル:「I-BLOCK」——LEGOブロックをつなげば、それが「プログラム」になる (1/3)
LEGOブロックにマイコンを入れて、つなげることでプログラミングして遊べる「I-BLOCK」。南デンマーク大学のLund教授が作ったものだ。
インプット用のブロック数種(各種センサーやダイアルを受け付けるブロック)、演算用のブロック4種(算数、言葉?、振る舞い制御、神経)、出力用のブロック数種(モーターやLED、音、赤外線、ディスプレイ)、バッテリーブロックとあり、ほかにもユニットは開発中とのこと。以下は、解説。
 I-BLOCKはLEGO Duploサイズ(*1)のブロックだ。このブロックそれぞれの中にマイコン(PIC16F876)が入っている。ブロックを物理的に組み合わせていくと、それと同時にマイコン同士もつながっていくのだ。MindStormsの時には基本的には一つのCPUが全体を制御していたのだけど、I-BLOCKはいくつものCPUが組み合わさって働くことになる。
読めば読むほど面白そうなオモチャである。いいなあ。小さい頃こういうので遊んでみたかったし、今でもこういうので遊んでみたいし、その辺の子どもとこういうので一緒に遊びたい。
こういうの作っちゃうセンセイは、もちろん教授なんて職に就いてはいるけど、実に楽しそうにブロックを組み合わせて遊んでいるようにみえる。3ページ目の車を動かしている動画なんかは、子どもそのものだ。しかし、組み立てて学習させながら車を動かせるなんていうのは、実に楽しそう。
商品化してほしいっすね〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 07, 2004

Brassの着うた「着ブラス」って知ってました?

ITmediaモバイル:吹奏楽専門の900i用着うたサイト「BRASSBAND CLUB」
ちょっとカテゴリーを迷ったんですが、とりあえず音楽に。とかく楽器をやっている人は、自分で着メロに練習中の曲を打ち込んでいたりするのですが、これは着うたの吹奏楽版というもの。東京佼成や大阪市音楽団などの演奏を提供するとのこと。
ちょっと遊びに行ってみると、この記事からは想像もつかないほど、どっぷりブラスです!!超濃い〜よ。いきなり、ブランデンブルクの2番のラッパのHighFが高らかに鳴り響く店内(?)。(なんだ、もともとauで提供されているんですね。DoCoMoの900i用に始まったから記事になってるんだ)今年の課題曲が分割して配信されていたりするし、ラインナップもコンクール曲ありアレンジありオリジナルあり、ソロありとゴージャスです。ソロはプロに専用録音を頼んでいるのがスゴイ。モリキンの織田さんの録音によるハトと少年が凄い勢いでランキングを駆け上っているらしい。
うわー、今まで知りませんでした。auいいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちゃんと動いてます

New Scientist:Mars rover tests rock surface
スピリットが元気に働いているようです。アディロンバック(岩の名前)の砂を払ってきちんとデータを取得したそうです。当たり前ですが、地球からスピリットに次は何をさせようと、ひっきりなしにやっている人たちがいるわけで、そういうことを考えると感慨深いものがあります。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Feb 04, 2004

大復活

Nikkei BP Network | BizTech | NASA、火星探査車スピリットの再稼働を宣言◇ロイター
スピリット、復活です。偉いですね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 02, 2004

村上龍サマ

SE/プログラマは「13歳」に夢を与えない?:IT Pro
「13歳のためのハローワーク」というタイトルの村上龍氏のこの本は、書店でも非常に目立つ存在だが、あえて読んでいない。だって、もう十代でもなんでもないしねえ。

この本の趣旨は明白だ。「好奇心を摘まないようにして,さまざまなものを選択肢として子どもに示すだけでいい」と著者が言うように,約500種類の職業をひたすらまじめに解説する。

その中にSE/プログラマがきちんと入っていないよ、という話だが、そりゃあ無理もないかなあなんて思ったり。しかし、今や猫も杓子もの業界だけど、需要があるからという理由でこの業界を選んだわけではない人(好きで選んだ人)にはほかには変えられないお仕事なんではないかなあ。村上さん、どうでしょう。それともそこら中にいるから紹介の必要もないとか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2004 | Main | March 2004 »