« February 2004 | Main | April 2004 »

March 2004

Mar 26, 2004

私なら楽天で使うかなあ

ANAと楽天が提携、「ポイント交換で新規顧客を呼び込む」 : IT Pro ニュース
全日本空輸(ANA)と楽天は、両社のポイント・プログラムにおいてポイントを相互に交換するサービスを7月1日から開始する。
ANAの1マイル→楽天の1ポイント、楽天の1ポイント→ANAの0.5マイルという換算法になる。それって、マイルから楽天のポイントに換えて、もう一度マイルに戻すと半分になってるってことか・・・。
どういう単位から交換できるかは不明ですが、帰省などでショボショボとマイルがついているのに使ったことがない私としては、なかなか楽しみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 18, 2004

春なので

デザインを変えました。 いつまでもクリスマスというのもあれだし・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 16, 2004

ビバ 漢字

漢字異体字、欧米OSでも トロンの坂村教授ら開発 (共同通信) - goo ニュース
OSの壁も越え始めましたねえ。詳細を調べたいのですが、見つけに行く時間がなく・・・。とりあえず公開のみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一応ね。

CNN.co.jp - 太陽系10番目の惑星を確認 NASAが発表へ
いやー、なんか遠すぎてもういいって感じがするけど。まあ、たぶん大ニュース?
仮称として、イヌイット神話に登場する海の女神の名前から「セドナ」と名付けられた。
仮称というよりは命名提案で、正式に命名されるには国際天文学連合 (IAU) の承認が必要だという。
太陽系の惑星の名前は、日本語だと水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星ときている。英語だと、Mercury、Venus、Earth、Mars、Jupiter、Saturn、Uranus、Neptune、Plutoと、地球を除いてギリシア・ローマ神話の神様の名前がズラリである。さて、じゃあ10個目が見つかりました、というところでどうするのだろうというと、なんとイヌイットの海の女神様という意外な路線だ。
日本語では、たぶん土星までは自国で(というより中国で?)確認していたので名前も相応に五行から採っているが、天王星以降は訳語だろう。天王星の発見は1781年、イギリスのハーシェルによる。海王星は1846年、ドイツのガレ。冥王星は1930年、アメリカのトンボーだ。意味的にはJupiter〜Uranusの親子関係が途切れて一旦詰まっているようにもとれるが、Neptune、Plutoを引っ張りだして、これだけ間隔があきながらも忠実にギリシャ・ローマ神話に名称を求めている。その流れが崩れるのは個人的にとても残念。
あっとちゃんねるというところに星の名前の由来が紹介されている。それによれば、天王星の名前は、初めからそうだったわけではないそう。最初は「ジョージ(王の名前)の星」と呼んだらしい。ウラノスの名は19世紀半ば以降。冥王星の命名の由来についても記載がある。
と、ここまで来ておいてなんだが、 国立天文台・天文ニュース(704)太陽系最遠の天体 2003 VB12 の発見によれば、
さらにいえば、第十惑星という話も一部で飛び交っていますが、この天体が惑星と呼ばれることはありません。一般に、太陽系の惑星は、その軌道空間を重力的に占有するような天体ですから、今後、他にも同様の天体の発見が期待され、なおかつ地球の数百分の一の質量しかないセドナを惑星と呼ぶことはないのです。
あっさりと、惑星の名前を心配する私の気遣いを打ち砕くコメントが・・・。どっちなんだよ〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 11, 2004

負けてられませんねえ

トランペット吹くロボット公開 「肺」「唇」使い及第点 (朝日新聞) - goo ニュース
images/robot001 トヨタが開発。楽器をちゃんと持っているのと、きちんと唇にセットできているのに感動した。音を聴いたが、ビブラートをかけて「星に願いを」を演奏。「肺」をきちんと使って立派な音であった。ちょっと悶えながら吹いているようすも、なかなかそれっぽい。
楽器に気を取られがちだが、ちゃんと二足歩行で歩いているのだから偉いものだ。クネクネ悶えているようすも重心移動を上手くやっているからできることだろう。
ちなみに、名前はこれから公募するらしい。
プレスリリースはこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 08, 2004

動機となりうるか

ITmedia PCUPdate:iPod用の音声録音アダプタ発売へ
images/STD1_F8E478 iPodには、今まで専用モノラルマイクで録るものしかなかったのだが、市販のマイクでも録音できるアダプタが登場。Belkinの Universal Microphone Adapterである。
新しいアダプタの価格は39.95ドルで、3.5ミリプラグを備えていればどんなマイクにも対応できる。
これで、私としては「iPod欲しい度」がググッと上がってしまった。音楽録音用マイクでMDに録音するのと変わらない音質で録音できるのであれば、かなり使えるグッズになる。
ニュースリリースを見ると、概要は下記の通り。
• リモコン/ヘッドフォンコネクターで接続
• 16bitオーディオ、8kHz
•  LED録音レベルインジケーター付き
•  マイク感度は3段階のスイッチで調節可能
•  iPodソフトウェア2.1以降で動作
って、8kHzということは、音質的には電話並み(CDは44.1kHz)とどこかに書いてあったので、音楽用としては使えないのかもしれない。"You can now achieve high quality recordings on your iPod player"って書いてあるのに〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

攻めの一手で

asahi.com : アニメのプロ、東大が養成 講師陣にジブリの鈴木氏ら
ガウンのときも思ったけど、東大は攻めている。しかも、何も東大がやらなくたって・・・と思うような領域へ攻め込んでいる。正直言って、総長、尊敬しはじめています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 04, 2004

the frontline

@nifty:NEWS@nifty:途上国世界では数万人の少女兵が前線に=国連調査(ロイター)
戦争は男がするものと主張するつもりはないが、少年兵ばかりか少女兵も数万人存在するというからショッキングである。
例えば、ウガンダ北部の反政府勢力、神の抵抗軍(LRA)はメンバーの80%が子供で、そのうち最大半数が少女という。
調査によれば、「少女たちは、通常誘拐されてこうしたことを強制されて」いるということだ。LRAについては、その勘違いした過激派っぽい名称からも想像できるように、抵抗勢力というよりは、犯罪グループといっていい所業の数々がWeb上に見つけられる。下記はWikipediaより引用したもの。
国際刑事裁判所の引用する情報によると、1980年代後半からの内戦でLRAによって拉致された子どもは20,000人以上にのぼり、LRAの戦闘員の85%は11歳から15歳の拉致されてきた子どもたちである。彼らは、反政府運動への加入の儀式として行われる殺人・手足の切断を含む非人道的行為、重労働や略奪、放火、市民の殺害、子どもの拉致などを強いられている。女の子の場合はLRA指導者の使用人として扱われ、長時間にわたる家事労働を強いられたり、性的に搾取されて、望まない妊娠や性病感染の危険にさらされている。
上記のように、少女については家事労働や性行為の相手という役割が強調されるが、「実際には前線で闘うことのほうが多い」と調査では述べられている。どちらにしても、ひどい話であることに変わりはない。
つくづく日本という国は平和だ。こうやって書いてみたところで、どこかで誰かがそういう人生を送っているということが、私にはとても実感できない。少なくともLRAについては、最近は政府軍に押され気味ということなので、一刻も早く子どもたちが開放されることを祈るのみだ。
しかし、その政府軍と戦っているのが、ほかならぬ子どもたちなのだろうから、やりきれない話である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 03, 2004

印鑑より嬉しいかも

卒業記念に制服姿のリカちゃん人形 津市の女子高 (朝日新聞) - goo ニュース
そういえば、中学だが高校だかを卒業するときに、印鑑を記念にもらった気がする。どっかやっちゃったけどね。リカちゃんが母校の制服を着てるなんていう企画は、私は結構好き。ランドセルを小さく作り直して、記念にとっておく人もいるが、それと同じような感覚だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 02, 2004

赤い星の蒼い夕焼け

CBS News | Blue Sunset On The Red Planet | March 2, 2004 08:01:30
素敵なタイトルだったので、思わず。写真はそれほど素敵でもないです。もともとはアニメーションGIFだということもあり。
Opportunity のほうが撮ったそうですが、別に夕景を撮りたかった訳ではなくて、大気中の塵の様子を見るためなのだそう。夕空が青く見えるのも、太陽が消えて行くように見えるのも、火星の塵が地球上のスモッグのように光を乱反射しているからとのこと。・・・ということは、
"Those of you who live in Los Angeles are very familiar with this effect."
と、CBSもQUOTEしているのですが、私もここを引用。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2004 | Main | April 2004 »