« March 2004 | Main | May 2004 »

April 2004

Apr 29, 2004

なんつーゼータクな・・・

世界最高峰の2楽団初共演 ベルリンとウィーン
2005年4月2日にベルリンで、だそうです。カントク、凄いよ。
ラトル監督によると、合同コンサートのメンバーは両楽団から選抜。同監督が指揮し、マーラーの「交響曲第六番」などを演奏するという。
リハーサル風景とか番組化して放映されないかなあ。本気で面白そう。どっちの誰が出てくるんだろうとか。楽器はどうするんだとか。
しかし次があるかどうかあやしい企画だけに、生で聴いてみたいっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 20, 2004

新モデル!PowerBookとiBook

米Apple,「PowerBook G4」と「iBook G4」の新モデルを発表 : IT Pro US News Flash
とりあえずアップのみ
安くなった上に全モデルがAirMacExtremeとBluetoothを標準装備です。じゅるる。15インチでバックライトキーボードが付いているモデルもあり、それが一番欲しい感じです。ステキ...。
いくら軽いといっても、2Kgあるノートをモバイルする気はないし、17インチはさすがにデッカイし・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Apr 16, 2004

横山光輝氏死去 ほか

今朝方全身火傷で重体とのニュースのあった漫画家、横山光輝氏(享年69)の訃報を今テレビで知った。
私にとっては漫画「三国志」の作者として、またニュースによれば、鉄人28号、赤影、サリーちゃんといういずれも超有名作品の作者でもいらっしゃる大漫画家だ。年齢を聞いて思ったよりお若いことに驚いた。
横山氏については、つい先日、下記のニュースを目にしたばかりである。
asahi.com : BOOKアサヒコム : 未発表の横山漫画が入札に 落札額注目、本人「不愉快」
これによれば、
マンガ家横山光輝さん(69)が高校時代に描いた未発表作の生原稿(116枚)が、14、15日に東京都古書籍商業協同組合が組合員を対象に開く「全古書連大市会」で入札にかけられる。
と、まさに今日(既に昨日)の話である。たまたま、川崎市市民ミュージアムのマンガ担当学芸員・細萱(ほそがや)敦さんのコメントとして
今後はマンガ家の死後に遺族が売りに出すような形で、原稿が市場に出るケースは増えるだろう。
という言葉が載っていたのが、皮肉に思える。売りに出されたその日に、作家は亡くなったことになるのだ。
しかも、大変苦しい亡くなり方をされている。心からご冥福をお祈りしたい。

直接には何の関係もないのだが、今日は作家鷺沢萌氏の自殺も報じられた。
一方でイラクで拉致されていた日本人3人が解放されたというニュースも入るが、その前にはさらに二人の日本人が拉致されたというニュースが入っている。朝には同様に拘束されていたイタリアの方が殺害されたニュースもあった。
世の中が、人の命がそこかしこで巡っていることを今日ほど実感する日も珍しいだろう。祈ることしかできないが、生きている方には無事を、亡くなった方にはご冥福を願わずにはいられない。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Apr 14, 2004

携帯をなくす訳にはいかなくなる日が来る

ITmediaモバイル:携帯電話でSuica、2005年度後半に JR東日本
SuicaはJR東日本が首都圏で行っているサービスで、非接触型ICカードの定期券やチャージャブルなプリペイドカードを読み取り機にタッチ(本当はかざすだけでいいのだが)するだけで改札を通過できるという便利なシステム。大阪でも同じような仕組みをICOCAというカードで提供しているらしい。
このSuicaの機能を専用の仕組みを持った携帯電話で利用できるようになる日がついに来る。今までも実験や技術検証のニュースは報じられてきたが、導入が来年下期という目に見える日程となって現れた。
モバイルSuicaは、FeliCaを搭載した携帯電話端末に、Suicaと同じ鉄道の乗車券機能や電子マネー機能を備えたもの。通信機能を利用して、駅以外でも入金や定期券の購入が可能なほか、ディスプレイに利用履歴や残額を表示できるのが特徴だ。
なんといっても凄いと思うのが、電話の決済機能を使ってチャージや定期購入ができるという点だ。現金を一銭も持たずとも、クレジットカードを置いて来ても、携帯で電車賃が手に入る。誇張でもなんでもなく、財布、それもちょっとやそっとでは空になることのない財布だ。
ちょっと前の下記のコラムに、非接触IC技術に限らず、電子マネーの道具としての携帯について書いてあり、タッチアンドゴーされたときの耐久性の話などもあり面白い。
ITmediaモバイル:携帯電話が財布になる日 (1/3)
便利になればなるほど、携帯をなくしたときのダメージは計り知れない。しかも携帯は電話であり、ゲーム機であり、情報閲覧端末だから、しょっちゅう「財布」を取り出しては周囲の人にその在処を晒すという行為も致し方ない。もう、こうなったらいよいよ首に下げるしかないような。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ITmediaモバイル:携帯カメラで撮るもの、男女で違う?

ITmediaモバイル:携帯カメラで撮るもの、男女で違う?
ある程度傾向は見えますが、家族・親類をとる割合の差にわざわざ注目するのなら、一人暮らしの割合などもいっしょに示してほしいところだったりする。むしろ、各種記録用に使用する割合が男性のほうが全体に高いという点に注目。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 10, 2004

OSX初のトロイの木馬型

ITmediaニュース:MP3のID3タグに潜むMac OS Xウイルスが見つかる
Integoというフランスのセキュリティソフトメーカーの報告らしい。ウィルスの名前は「MP3Concept」。以下、記事より引用

このトロイの木馬は、MP3ファイルのID3タグ内に格納される。MP3ファイルだと思ってダブルクリックすると、ID3タグ内に埋め込まれたコードが起動、ウイルスに感染し、HDD内のファイルを破壊・削除する可能性があるという。MP3自体はiTunesで問題なく再生でき、ユーザーはウイルスに感染したことに気付かないおそれがある。

Pantherにしてから、ウィルス対策ソフトを入れていなかったんだけど、買ってくるかなあ。.Macに入るという手もあるけど。このウィルスに対抗するなら、Integoの製品を買う方がいいのだろうか。迷うところだ。いきなり潰れたりしないよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 09, 2004

飼い猫史、大幅延長

New Scientist: Ancient remains could be oldest pet cat
images/africanwildcat 猫が人に飼われていたという証拠は、これまで古代エジプトまでしか遡れなかったらしいが、その4,000年の飼い猫史を一気に5,000年以上延ばすかもしれない証拠がキプロス島で見つかったそう。
その証拠とは、新石器時代の遺跡で人間と供に埋葬された猫の骨。研究者のJean-Denis Vigneによると、キプロスには土着のネコ科動物はいないことから、猫は人間によって持ち込まれたと見られていたが、それが野生だったか飼い猫だったのかは、これまで分からなかった。それが、今回見つかった骨の埋葬の仕方から見て飼い猫だった可能性が示されたという。
骨の猫は8ヶ月の子猫。死因は分からないが、食用として殺された形跡はなく、人間の骨と並んで、いずれも頭を西向きにした形で対称に埋められていたと言う。主人が死んだために殉死させられたとも考えられるとのこと。
それにしても、8ヶ月のネコの骨が1万年近くも残っているなんて、凄いっすね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 08, 2004

トルネードWebがOSX対応

ITmediaモバイル:DDIポケット、データ圧縮サービス「トルネードweb」をMac OS X向けに提供
AirH"を使ってマックでモバイル(家でもいいけど)通信している人にはいい報せ。ていうより、今までなかったのね・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 07, 2004

携帯を買った話

日記チックで情けないけど、最近何も書いていないので。
携帯電話を買った。今までPHS派だったんだけど、ちょっといろいろあり。
キャリアは、なんとなくau。端末は、あれこれ考えてソニーエリクソンのA1402Sというものにした。
そんで、感想なんかをちょろっと。

☆価格
 通販で買ってみた。新規で送料・代引き手数料込みで4,700円くらい。まあまあ安く買えたかな、と。
☆赤外線
 A1402Sは今のauの中では唯一赤外線機能が付いている。実は決め手はここだったりして。
まずは手持ちのCLIE TJ25からアドレス帳を送信。260件で10秒くらい?(かなり不正確) まあ、そこそこちゃんと送信できた。一応逆もできた。
撮影した画像をやはり赤外線でクリエに送り、パソコンとシンクするときについでにもらうなど、ちょっと面倒なことをしているが、手持ちのもので追加投資がなくて済むのがありがたい。
☆カメラ
images/DSC00005 画素数こそ34万と、流行のものには追いついていないが、オモチャとしてはよく動くので感心。ホワイトバランスとか変えられる・・・。近頃はそういうものなのか。左は夜景モードで駅を撮ったところ。
微妙・・・。さて、どこの駅でしょうか? シャッター音によって、撮影ボタンを押してから撮影するまでの時間が異なるのが面白いと思ったんだけど当たり前?
☆ディスプレイ
 おなかの画面は、とってもビュリホー。背中の画面は荒くて今イチ。省電力モードのときの背中は渋いので個人的には好き。
☆通話
 PHSと比べると音がずいぶん汚い。いかにもデジタル加工しましたっていう声に聞こえる。端末のせいではないと思いマス。
☆その他の感想
 裏にソニーエリクソンの立体マークが付いていて、かっこいい。
 ボタンはちょっとヘナヘナ気味で好みでない。
 センタージョグは、便利なようで慣れていないのでよく分からない。
 携帯が初めてだから予測変換があるだけで吃驚。
 アンテナがないから(けど)かわいい。
 ストラップの穴が首から吊るすのを想定しているらしくお尻の真ん中についているため、飾りが付けられない。
今のところ、そんな感じでございます。やー、着ブラス(Feb 07, 2004の記事)するかなあ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« March 2004 | Main | May 2004 »