« 携帯をなくす訳にはいかなくなる日が来る | Main | 新モデル!PowerBookとiBook »

Apr 16, 2004

横山光輝氏死去 ほか

今朝方全身火傷で重体とのニュースのあった漫画家、横山光輝氏(享年69)の訃報を今テレビで知った。
私にとっては漫画「三国志」の作者として、またニュースによれば、鉄人28号、赤影、サリーちゃんといういずれも超有名作品の作者でもいらっしゃる大漫画家だ。年齢を聞いて思ったよりお若いことに驚いた。
横山氏については、つい先日、下記のニュースを目にしたばかりである。
asahi.com : BOOKアサヒコム : 未発表の横山漫画が入札に 落札額注目、本人「不愉快」
これによれば、
マンガ家横山光輝さん(69)が高校時代に描いた未発表作の生原稿(116枚)が、14、15日に東京都古書籍商業協同組合が組合員を対象に開く「全古書連大市会」で入札にかけられる。
と、まさに今日(既に昨日)の話である。たまたま、川崎市市民ミュージアムのマンガ担当学芸員・細萱(ほそがや)敦さんのコメントとして
今後はマンガ家の死後に遺族が売りに出すような形で、原稿が市場に出るケースは増えるだろう。
という言葉が載っていたのが、皮肉に思える。売りに出されたその日に、作家は亡くなったことになるのだ。
しかも、大変苦しい亡くなり方をされている。心からご冥福をお祈りしたい。

直接には何の関係もないのだが、今日は作家鷺沢萌氏の自殺も報じられた。
一方でイラクで拉致されていた日本人3人が解放されたというニュースも入るが、その前にはさらに二人の日本人が拉致されたというニュースが入っている。朝には同様に拘束されていたイタリアの方が殺害されたニュースもあった。
世の中が、人の命がそこかしこで巡っていることを今日ほど実感する日も珍しいだろう。祈ることしかできないが、生きている方には無事を、亡くなった方にはご冥福を願わずにはいられない。

|

« 携帯をなくす訳にはいかなくなる日が来る | Main | 新モデル!PowerBookとiBook »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 横山光輝氏死去 ほか:

» 横山 光輝 死去!!!(本当) [鳳龍屋]
 御 [Read More]

Tracked on Apr 16, 2004 01:21 AM

« 携帯をなくす訳にはいかなくなる日が来る | Main | 新モデル!PowerBookとiBook »