« January 2005 | Main | March 2005 »

February 2005

Feb 27, 2005

温める冷蔵庫!?シャープから

ITmediaニュース:料理が冷めない冷蔵庫、シャープが業界初
記事より引用。

シャープは、温かい料理を冷まさずに保存できる冷凍冷蔵庫「SJ-HV46J」(455リットル)を3月11日に発売する。55度に保った保温ルーム「愛情ホット庫」を業界で初めて搭載。残業続きのお父さんや塾帰りの子どもなど、一人で食事を取る“孤食”が増えているのに対応した。

なんじゃそりゃー!って感じですが、どっちもドアなど独自の試みがあったシャープだけに、頷ける気も。ちなみに、この機種のドアは「フレンチドア」(観音開き)で、どっちもドアではありません。
愛情ホット庫の機能。

5段階に温度を切り替えられ、冷凍室や冷蔵室としても利用可能。あら熱を取る機能も装備した。沸かしたてのお茶や作りたての弁当を冷凍冷気で素早く冷ます。冷めた後は、冷蔵温度帯に自動で切り替わる。

それはなんだっていいんですが、ネーミングが「愛情ホット庫」というのは「愛情放っとこう」に思えて、シャープ大丈夫か?と思ってしまう私。

| | Comments (281) | TrackBack (0)

「たばこ規制枠組み条約」発効

「たばこ規制枠組み条約」発効 日本も4月から規制強化 - asahi.com : 社会
以下、記事より引用。(この記事はとてもいいので全文引用したいのですが、概要のみ)
喫煙による健康被害の防止を目指す「たばこ規制枠組み条約」が27日発効した。たばこの消費を減らすため、5年以内の広告の原則全面禁止などを締約国の義務に盛り込み、課税強化も促している。批准国の日本でも、4月からの屋外広告禁止や禁煙教育の強化、分煙の徹底などが決まっており、先進国のなかで遅れていた規制が強化されることになる。
JTの対応も引用。
規制強化を受け、日本たばこ産業(JT)は、3月末で屋外看板広告を打ち切り、「マイルドセブン・ルノー」などとして92年から参加してきたF1スポンサーからも、06年秋で撤退する。

 需要減少を見込み、従来の25工場を10工場に集約。需要減は、JT製品で最高価格(350円)の新製品「りん」の投入などで、カバーする戦略だ。
JTは、先日希望退職(と〜っても条件がいい)に社員の3分の1が殺到したという話があったのですが、まあ確かにこれによって少なくとも広告の部門の人間はいらなくなりますもんね。
参考。 JT、希望退職に5800人応募 社員3人に1人-asahi.com : 就職・転職

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Feb 26, 2005

H2Aロケット7号機打ち上げ成功!

H2Aロケット7号機打ち上げ成功 衛星を分離 - asahi.com : サイエンス
liftoff_02 H2Aロケット、前回6号機が打ち上げに失敗してから1年3ヶ月ぶりの打ち上げです。
結果は大成功。ひまわり5号の大往生以来外れ続ける天気予報の救世主となる、MTSAT-1R(運輸多目的衛星新1号)を分離しました。


以下は記事より引用。
MTSATは天気予報や台風の進路予測に重要な役割を果たすほか、航空管制にも使われる。気象機能は5月末、航空管制機能は年末をめどに運用を始める。
今年は、3機のロケットを打ち上げるんだそうです。どれも上手く行くといいですね。

MTSAT-1R/H-IIA・F7カウントダウンページ

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Windowsプレインストール機でオンラインプロダクトアクティベートができなくなる

Microsoft to nix some Net product activation | Tech News on ZDNet
こんな話が出ていたとは、知りませんでした。
2/28から、大手OEM20社が出しているWindowsプレインストール機で、OSの再インストール時にオンラインでプロダクトアクティベートをできないようにするらしい。電話でいくつか質問をして確かめてからという手順になるそうです。不正コピー使用対策なのだそうですが。不便ですね。当然、日本でも同じかしら・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 24, 2005

速報:new iPod mini & iPod photo

ITmedia PCUPdate:Apple、6GバイトiPod miniとPCなしで画像取り込み&プレビュー可能なiPod photoを発売
私としては目を瞠るほどの変化はないかと(あったら、かなり悔しい)。
miniは、容量6GBのモデルが出た。色が変わった(濃くなった)。値下げした。バッテリー持ちがよくなった(18h)。
photoは、40GBはなく、30GBと60GB。大幅値下げした。オプションのCamera Connectorでデジカメから画像を直取り込み。
個人的には、この白々した本体にカラー液晶ってそぐわない気が。テイスト的にはminiのシルバーにカラー液晶の方が好み。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なりふりかまうな!

ITmediaニュース:ニッポン放送、フジに新株予約権 行使で子会社化
新局面です。記事より引用。
ニッポン放送をめぐるライブドアvsフジテレビの争いが新局面。ニッポン放送は現時点の発行済み株式総数を上回る新株予約権をフジに発行。フジは行使すれば子会社化できる。
もはや株ごっこ。おもしろいですね〜。しかも、とてもいい社会勉強です。情報も最新。双方とことん手を尽くしてやりあってみせてほしい。
そんな中、なんとはじめてライブドアのトップページに行ってみた。とりあえず社長日記をヒトログに追加しておいた。社長日記大人気。今livedoorのブロクではアクセス第一位だ。

| | Comments (232) | TrackBack (1)

Feb 23, 2005

Global Flyer 世界一周実行はいつ?

Virgin Atlantic Global Flyer : Home Page(公式ページ)
大昔、うちの記事でも紹介したGLOBAL FLYER。そろそろ計画実行が近いのですね。22日昼間には、Mission Team Status がYELLOWで、ひょっとすると25日(金)に行われるかもしれないとなっていたのですが、今見ると、RED。残念ながら風の都合で25日の可能性はなくなったようです。
Fossett氏もガックリ来ているようです。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

CLIEよ、さらば

ITmediaモバイル:CLIEの歴史に幕〜ソニー、新機種投入を終了
記事より引用。
ソニーが、CLIEの新機種の投入を終了する。現行機種は7月末で生産を終了。修理などの対応は最終出荷終了後6年間継続する。
(このへんにあった文章は、ちょっと確証が取れないので削除しました。すみません。) ついにシリーズとしては終了になってしまいます。寂しいなあ。
これでメモステ型エアーエッジの要望も虚しい感じに?
PDA市場から撤退する訳ではないとも聞きますが・・・。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

Feb 22, 2005

宇宙人みたい?

asahi.com : ネット最前線 : 朝日新聞ニュース握手で「電子名刺交換」、人体通じ瞬時にデータ NTT
記事より引用。
NTTは18日、人体の表面に微弱な電気信号を伝わせることでデータをやり取りする「人体通信」を06年度中に実用化する、と発表した。専用のカード端末を身につけた人同士が握手するだけで、端末に保存した個人情報をやり取りする「電子名刺交換」などができるようになる。
「レッドタクトン」と呼ばれるこの技術。なかなかおもしろいです。無線を人が媒介するような感じですかね。猫とかでもいける気が。
下記は、impressの記事ですが、より詳しく書いてあります。 NTT、触れるだけで高速通信できる新技術「レッドタクトン」
ここで人体への影響について言及しているので引用。
人体への影響について阪本氏は、「電流が人体を流れることはない」としたが、「ただし、携帯電話の電波と同様に、気になる人もいるのではないか」と述べた。なお、レッドタクトンは、総務省の安全基準(RCR STD-38)をクリアしているとのこと。
ちなみに、私は初対面の人と握手することはほとんどないのですが、名刺交換のために握手させられるのって、ちょっとやだなあ。指先だけ触れるのもE.T.みたいでなんだかいやです。プリンタとパソコンを触ると印刷できるって言うのも微妙でしょ。それってプリンタに印刷データを送信し終わるまで触り続けていないといけないってこと? あ、でもスライドの説明に「伝送媒体を選ばない」とあるので、同じ机に置けば触らなくてもいいのかなあ。何にしても、体験してみたいです。2006年に事業化するそうなので、もうしばらく辛抱。

2005.2.23追加
RedTactonドットコム。公式ページ
意外と充実してます。自慢は、速度と、混雑時も速度が確保できることなんですね。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

Feb 21, 2005

ナタデココと先端技術

ナタデココ、次世代の薄型ディスプレー基板に活用 - asahi.com : 経済
ナタデココ、好物です。以下引用。
紙のように曲げられる次世代の薄型ディスプレーの基板づくりに、デザートなどの食材「ナタデココ」が活用できることが、パイオニアと三菱化学、京都大の産学連携の共同研究で分かった。強度や耐熱性などはガラス基板並みという。材料費も安く、開発が急速に進む薄型ディスプレー生産のコスト削減につながりそうだ。
高校生の頃、焼き肉食べ放題の店でナタデココが置いてあって、焼いてみたことがあった。凄く丈夫で、縮むだけでなかなか焦げなかった。
そんなナタデココ、曲げられるディスプレーの基盤として使われるとは。
ちなみにナタデココの作り方は、ココナツミルクに酢酸を加えて発酵させるんだそうです。これこそ知らなかった。それを、圧縮→乾燥→特殊樹脂を注入→紫外光照射というプロセスで基盤にするそうで。
ずいぶん遠くまできちゃったなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

火星に生命体!?結局どっち?

日付の変わらないうちに、読売新聞から立て続けに下記の記事。一体どっちなんでしょう。
YOMIURI ON-LINE / サイエンス:火星に生物やっぱりいた!?…NASAなど大気分析
ちょっとだけ引用。
米航空宇宙局(NASA)など欧米の2つの研究チームが、火星の大気に含まれる微量のメタンの分析から、「現在の火星にバクテリアのような生命が存在する可能性が高い」との見解をまとめたことが17日、明らかになった。
YOMIURI ON-LINE / サイエンス:火星の生命否定する異例の声明…NASA研究チーム
こちらも引用。
米航空宇宙局(NASA)の研究チームが火星に現在も生命が存在する強力な証拠をつかんだとする欧米メディアの報道について、NASAは18日、「そのような見解を支持する観測データを我々は把握していない」と否定する異例の声明を発表した。
記事によれば、NASAでもESAでも火星で生命活動がある可能性が高いという見解を持っていることが、報道されたが、NASAの方はそれを否定する声明を出したのだそうだ。ESAでは、マーズエクスプレスの第1回研究報告会で予定通り発表されるという。下記はNASAのニュースリリース。
NASA Statement on False Claim of Evidence of Life on Mars
これらを合わせると、一つ目の記事にあるように、
報道を総合すると、NASAエームズ研究所のチームは、火星のメタンは生命活動によって生産された可能性が高く、地表直下の土壌などに、地球の強酸性温泉に生息するような極限環境微生物が潜んでいるとの見方を強めている。
という話はあるのだが、NASAのコメントでは、
Their research concerns extreme environments on Earth as analogs of possible environments on Mars.
とあるので、地球の極限環境と火星の環境と思われるものが類似しているというだけに留まるということらしい。「あり得る」けど証拠じゃないよ、ということでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 18, 2005

サザエさんと株価の深い関係?

「サザエさん」の視聴率が上がると株式市場は低迷、大和総研がリポート - CNET Japan
↑この記事提供は、FujiSankei Business i.と書いてあります。
最近モンクばっかり言っていて、また、というのもあれなんですが、この記事にはちょっと黙っていられないと言うか、大和総研の人がかわいそうになって(いらぬ同情かもしれない)こちらに書いちゃいます。
内容は、アニメサザエさんの視聴率とTOPIXとの間に、なんと-0.86という高い相関が出ているというおもしろいもの。つまりは、サザエさんの視聴率がいいときにはTOPIXは低い、視聴率が悪いときにはTOPIXが高いということ。|0.86|っていったら本当にすごいんです。グラフもついているので見てみてください。笑えます。 さて、タイトルも酷いのですが、記事の冒頭より引用。
「サザエさん」の視聴率が上がると、株式市場が低迷する--。大和総研が、国民的人気アニメの視聴率と株式市場との意外な連動性を示すこんなリポートをまとめた。
相関関係と因果関係は全然ちがう!!と何度センセイに言われたことか。この記事を書いた方は、完全にこれを混同しているんですね。しかもこの混同をまるで大和総研がレポートしたかのように記事を書き始める。
「Aが上がると、Bは低迷する」。日本語ではこれをAが原因でBを結果と解釈しますよね。「風が吹けば、桶屋が儲かる」だってそう。 この人(すでに個人攻撃・・・)だって本当は分かってるんです。だって、しめくくりが、
サザエさんが株式市況を冷やすのではなく、経済状態が悪化し、社会の閉塞(へいそく)感が高まると、人はサザエさんを見て自分を癒やすということだろう。
なんだもん!(癒すってあたりは置いといて)当たり前のことをまるで鬼の首を取ったかのように〜。
確かに、相関がある、とか関係があるだけだと見出しはつまらないかもしれない、けど、嘘言っちゃいかんと思う。自分に縁遠いだけで見抜けないこういう嘘がジャーナリズムには溢れているんだろうなあ。
気をつけようっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

gooブログ体験

050217_2 フリー版のgooブログ(←私の)も作ってみた。
全体的な使い勝手や自由度がココログとだいぶ違う。いい所もあり、物足りない所もあり。
容量がとても大きい(フリーでも3GB(二度目の訂正・・・)、有料だとなんと1TB!!)ため、画像主体の人にはうれしいだろう。
デザインテンプレートは豊富だし、どんどん増えている。かけかえも簡単だが、ココログのようにコンテンツの取捨選択や配置換えができないのは、寂しい。画面の列構成などもテンプレート任せだ。
ブックマークはあるが、マイリストのようなものはない。一方で、検索窓が最初からついているのは素敵。アクセス解析(追記:正確にはカウンターでした。解析は有料板)もついているので興味深い。
ブックマークには、あらかじめgooが登録されていて、概要には「最初はgoo!」と書いてある。もう一つ追加して「またまたgoo!」と書きたくなる衝動を抑えて、削除した。

画像向きと書いたけど、画像の貼付けについてはココログの方が上。サムネイルを自動で作れるのがとてもよい。いつのまにかバージョンアップしていて文字の回り込み指定などもできるみたいだし。ただし、管理はgooブロクの方が、しやすい。画像フォルダにサムネイルが表示され、そこから記事を起こすことができる。全般にgooブログの方が簡易的に手を付けられるようになっている感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 16, 2005

そらそうや、って思いません?

2/16 asahi.comの記事。
英語力つけば「省エネ脳」に? 東大チームが実験 - asahi.com : サイエンス
以下、記事より引用。
 研究チームは、右利きで19歳の東大生15人に協力してもらい、英語の不規則動詞の正しい過去形を瞬時に選んでもらう実験を行った。実験中、「機能的磁気共鳴断層撮影装置(fMRI)」で脳の活動ぶりを測定した。

 実験の結果、正答率が高い学生ほど、左のこめかみの奥にある文法中枢への血流集中が見られず、エネルギーを節約していることが分かった。正答率が低い学生では、文法中枢が活発に働いていた。

 この結果は、中学生を対象にしたこれまでの実験結果とは逆。中学生では、英語の成績が向上するにつれて、文法中枢の活動は活発化していた。
まずは、たったの15人で大丈夫なんでしょうかね、と素人は思ったりする。
さらには、「くく」と一緒で、動詞の過去形なんて身に付いた人にとっては、考える間もなく反射的に口をついて出ると思うんだよなあ。それが省エネってこと?逆にうろ覚えだとか、ど忘れしている場合は、もう必死になって正解のヒントを探している訳だし(サンプルが東大生なので特にそう思う)。
中学生の場合は、成績の悪い子の場合は深く考えずにとりあえず「d」つけて答えている、成績のいい子は覚えた知識を一生懸命動員している、ちゅう可能性がありますわね。
だんだん、こういう単語レベルのクイズで測れるようなもんに「文法中枢」なんて名前がついているのも不思議な気がしてきた。
誰か、この発見の意義を分かりやすく教えてください!
あ、でも書いてあった。
活動ぶりを調べることで、言語障害を患った後のリハビリの効果判定などにも役立ちそうだという。
つまり、教え始めてから文法中枢がだんだん活発化していって、またおとなしくなって来たら「熟達」ってことですか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 15, 2005

人に歴史あり(って最近聞いたな)

愛用している、シェアウェアに紙copiというものがあり、洛西一周さんという若いのに凄い方が作っているのだが、そのソフトがジャストシステムから「ネタの種」という名前で発売されていた。
その関係で、洛西さんの周辺をうろついて、NOTAというホームページ作成ソフトのテストページで遊んでいたりした。
これは結構面白いソフト。見た感じWikiっぽいのだが、編集がもっと自在である。配置も楽そうなことが書いてあった。適当に作ると仕上がりはかなり素人臭い感じになるのだが、味があるといえばそんな感じ。

本題は、次。この方は、未踏ソフトウェア事業でこれらのソフト群を作っている人なのだが、そちらのプロジェクト応募ページで本名が分かったので、検索してみたところ(ストーカーみたい・・・)、もっと素敵なページに行き着いた。
それがこちら、周一のホームページ。彼の昔(10代のころ?)のホームページだ。お父上の方針か分からないが、ドイツのシュタイナー学校に通っていた体験などを綴っている。見知らぬ土地のちょっと特別な学校、しっかりとした強気で軽快な文章とお父上撮影の本当に美しい写真群で、とてもおもしろく読めた。
紙copiの素敵な配色の数々は、こういった下地があってのことかと、納得がいった。

いや、本当に教育って大事。「レイコ@チョート校」の岡崎玲子さんといい、洛西さんといい、ご本人の資質も大変なものがあるが、それを伸ばそうとする親御さんの心遣いも素晴らしい。それにしても、日本でこういう教育が受けられるに越したことはないと思うんだけどねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 14, 2005

また、変えちゃった

また、デザイン変えちゃいました。今日限定でバレンタインデザインにしていたのだけど、今度はアポロにしてみました。
春らしくてよろしいかなと。
それにしても、プロフィールページのデザインを合わせて変更するのをいっつも忘れます(どうでもいいか)。えいっ。

| | Comments (183) | TrackBack (0)

EZ-TP無責任レポート

以前ここでも紹介した、EZ-TPが手に入ったので、ちょっと触ってみた感想を書いときます。
普段の趣旨からはずれるんですが、まあどうでもいいことだし。無責任レポートってことで・・・。
日記からの使い回しなので、知っている方は気にしないでくださいませ。

購入:楽天のとあるショップ。送料等合わせて3.2万円くらいだった。
以下ランダムに感想とか。
1)結構疲れる。
2)タンギングについてこない。ダブルタンギングにはうまく反応しない。
3)声の大きさで音量が変わる。絶対音量の調節も可能なので、ささやく程度で大音量とか、大きく唸っても小音量とか、そういうことができる。
4)勝手にビブラートがかかる。(音色1の場合)
5)女性子供モードと、男性モードがある(声とオクターブの関係を変えられる)
6)女性子供モードでも、低い音を出すのが大変!。基本的に発声より1オクターブ高く出ている気がする。
7)声に直接反応して音を出すモードは、鈍くてちょっと使えなそう。
8)リップスラー(笑)が超簡単。
9)トリルは意外と難しい。(自分が音痴なだけかもしれない)
10)やっぱり外すことがある。
11)マウスピースが大きい。結露する。とりはずして洗える。
12)ピッチの調整ができる。
13)もしかしたらEs管やF管の指練習に適しているかもしれない。
14)付属品:ACアダプタ、MIDI変換ケーブル、説明書、ソングブック
15)made in Malaysiaって書いてある。

以上です。

| | Comments (1645) | TrackBack (1)

Feb 11, 2005

定額の携帯電話 by YOZAN

YOZANが年内に定額携帯電話,次世代無線アクセス技術で : IT Pro ニュース
データも通話も定額、しかも月3,000円程度とは、驚いちゃいました。といっても、しばらくは都心でしか使えないっていうことなので、そこを考えるとお値段はこんなもん、というか実験にお金を払って協力してるってこと?なのでしょうか。
WiMAXはIEEE802.16aの愛称なんだそうで、あ、これって携帯無線IP電話か。16は、無線MAN(Wireless Metropolitan Area Network)構想のもとにがんばっている規格で固定アクセスを想定しているそうだから、移動中はあんまりよろしくないのかもしれない?
でもデータ通信速そうだなあ。実際どれくらいで接続できるのでしょう。それだけでも価値はあるような。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 01, 2005

やっぱり出た!新PowerBook

米AppleがPowerPC G4搭載の「PowerBook」の新シリーズを発表 / デジタルARENA
来る来るとは思ってましたが、やっっぱり出ました。見た目は変わりませんが、中身はちょっと違います。以下は記事より引用。
全モデルで、スクロール機能を強化したトラックパッド「scrolling TrackPad」や、データ保護のための技術「Sudden Motion Sensor」を備える。
会社からこっそりなので、とりいそぎこのくらいで・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »