« サザエさんと株価の深い関係? | Main | ナタデココと先端技術 »

Feb 21, 2005

火星に生命体!?結局どっち?

日付の変わらないうちに、読売新聞から立て続けに下記の記事。一体どっちなんでしょう。
YOMIURI ON-LINE / サイエンス:火星に生物やっぱりいた!?…NASAなど大気分析
ちょっとだけ引用。
米航空宇宙局(NASA)など欧米の2つの研究チームが、火星の大気に含まれる微量のメタンの分析から、「現在の火星にバクテリアのような生命が存在する可能性が高い」との見解をまとめたことが17日、明らかになった。
YOMIURI ON-LINE / サイエンス:火星の生命否定する異例の声明…NASA研究チーム
こちらも引用。
米航空宇宙局(NASA)の研究チームが火星に現在も生命が存在する強力な証拠をつかんだとする欧米メディアの報道について、NASAは18日、「そのような見解を支持する観測データを我々は把握していない」と否定する異例の声明を発表した。
記事によれば、NASAでもESAでも火星で生命活動がある可能性が高いという見解を持っていることが、報道されたが、NASAの方はそれを否定する声明を出したのだそうだ。ESAでは、マーズエクスプレスの第1回研究報告会で予定通り発表されるという。下記はNASAのニュースリリース。
NASA Statement on False Claim of Evidence of Life on Mars
これらを合わせると、一つ目の記事にあるように、
報道を総合すると、NASAエームズ研究所のチームは、火星のメタンは生命活動によって生産された可能性が高く、地表直下の土壌などに、地球の強酸性温泉に生息するような極限環境微生物が潜んでいるとの見方を強めている。
という話はあるのだが、NASAのコメントでは、
Their research concerns extreme environments on Earth as analogs of possible environments on Mars.
とあるので、地球の極限環境と火星の環境と思われるものが類似しているというだけに留まるということらしい。「あり得る」けど証拠じゃないよ、ということでしょうか。

|

« サザエさんと株価の深い関係? | Main | ナタデココと先端技術 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 火星に生命体!?結局どっち?:

« サザエさんと株価の深い関係? | Main | ナタデココと先端技術 »