« March 2005 | Main | May 2005 »

April 2005

Apr 26, 2005

福知山線快速脱線・大破

どこのリンクを張っていいかも困るのだけど、各社特集しているので各社へ。
事故の映像も内容もすさまじいのですが、何より恐ろしかったのは、てっきり一両目だと思っていたマンションにくの字型にめり込んでいた車両が、実は二両目だったことです。一両目はマンション1階部分に潜り込んでいる形になっていると、夜のニュースでやっと知りました。車両を撤去するとマンションの方も危険だったりしないのでしょうか。
第一報では、踏み切りでの乗用車との衝突が元で脱線したという内容でした。その時点で、インタビューされた近所の人が、「踏み切りと言っても、電車が上りなのを考えると位置的におかしい。マンションの立体駐車場(二段?)から車が飛び出してきたのではないか」と言っていました。詳細が分かってくると、確かに踏み切り事故ではなく、スピードの出し過ぎのほうに焦点が移っています。運転士は重体。23歳と若く、経験も11ヶ月と繰り返し報じられています。亡くなった方の数もどんどん増えていて、救出作業が続いていることからもさらに増えることが心配されます。
いろいろな間違いが積み重なってこういう大惨事に至るのだとは思うのですが、二度と見ないですむようにしたい(しなければならない)光景ではあります。
それにしても、付近の住民・会社員の方は、救助にとても協力的で、かつ迅速に見えました。やはり震災の経験がそうさせているのでしょうか。
リンク: asahi.com:朝日新聞 尼崎・列車脱線事故特集.
リンク: 尼崎・脱線事故 : ニュース特集 : YOMIURI ON-LINE.
リンク: MSN-Mainichi INTERACTIVE 尼崎列車脱線.
リンク: NHKニュース.

| | Comments (169) | TrackBack (0)

Apr 14, 2005

全銀協が示す偽装カード被害の補償

リンク: YOMIURI ON-LINE / 経済:偽装カード被害、全銀協「銀行が補償」明示.
記事より。
 月内に発表する。被害は原則として銀行が補償すると明記し、暗証番号に生年月日や自宅の電話番号を使った場合なども、原則補償としたのが特徴だ。預金者に故意や重大な過失がある場合など、預金者に責任があるため銀行が補償しない5ケースも例示した。

(中略)
 「カード規定試案」と題したルール案は、生年月日、自宅や勤務先の電話番号などを暗証番号に使ったり、暗証番号のメモをカードと一緒に携帯していた場合は、「預金者に継続的に注意喚起」する項目と位置付け、補償の対象に含めた。
金融庁の報告では、状況によっては預金者負担になることがあるとされている「暗証番号に生年月日」などのケースも原則補償対象になるとのこと。
補償の対象外になるケースとして明記されたのが下記5つだそうです。
〈1〉預金者本人が他人に暗証番号を知らせた
〈2〉暗証番号をカード上に書いた
〈3〉自分でカードを第三者に渡した
〈4〉カードが第三者に占有された理由が預金者にある
〈5〉その他、預金者に故意または重大な過失がある
なお、盗難被害は「補償しない」と全銀協ではしているそうです。知らなかった。気をつけなきゃ。

| | Comments (73) | TrackBack (0)

Tigerはみどりの日に発売

リンク: アップル - Mac OS X
タイトル通りなのですが、マッキントッシュのOS、OSXの新バージョン10.4(Tiger)の発売日が4/29に決まりました。
いくつかの新機能があるのですが、個人的に興味があるのは、Spotlight(デスクトップ検索)、Safari RSS(RSSリーダー付きブラウザ)、Automator(定型処理実行、アイコンがロボットでかわいい)かなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 01, 2005

カード被害、被害者の「過失」とは

YOMIURI ON-LINE / 経済 偽造カード、暗証番号に生年月日は補償外も…金融庁
金融庁から、偽造キャッシュカード被害の補償ルールに関する中間報告が出されたそうです。
以下引用。
偽造カード被害は原則、金融機関が補償することが前提だが、「預金者に過失がある場合」は預金者が負担とするとして、具体的な過失例を列挙したのが特徴だ。
過失の例は以下の通り。◎は預金者負担。○は状況次第では預金者負担の可能性ありという感じ。自分は大丈夫かしら、と考えると三番目あたりはギクリとひっかかりました。
◎キャッシュカード上に暗証番号が書かれていた場合
○暗証番号が預金者の生年月日
○同じ暗証番号を複数の取引に使用
○カード偽造に気づいていながら、金融機関側への連絡が遅れた場合
過失の立証責任は金融機関側にあるということです。ちなみに、盗難カード被害については、今後の検討課題なのだそうで。
ちなみに金融庁の報告はこちら。
「偽造キャッシュカード問題に関するスタディグループ」の中間取りまとめの公表について

| | Comments (196) | TrackBack (1)

« March 2005 | Main | May 2005 »