« Mac mini にIntel inside(BlogPet) | Main | ブロ電乗ってみた »

Apr 08, 2006

お洒落なWindows機を手に入れる方法

ITmedia D PCUPdate:もうみんなMacを買えばいいと思う――Apple純正「Boot Camp」をさっそく試した (1/3).

今店頭に並んでいるMac系雑誌で、XOM(Windows XP on Intel Macs)紹介がされているばかりだというのに、当のAppleからXP起動を可能にするツールが出てしまったというから驚いていたのだが、かなりしっかり動くらしい。XOMだとドライバ系で問題があって、起動した喜びくらいしか味わえないらしいのだが、本家がやるとBoot Campの提供と同時にそれを使用可能にするファームウェアの更新やドライバの提供があるというのでたいていの問題は解消するのでは。

もちろんWindowsXPのOSを買う必要があるし、インストールだって自分でやらないとならないからまったくの初心者の人だと敷居が高いかもしれないが、どういうときにドライバを要求されるかとかがなんとなく分かってきたくらいの人なら簡単に(好き好きはあると思うけど)お洒落なMacのマシンで使い慣れたWindows環境を手にできる。

私は両方のノートを使っている派だが、常々デスクトップが欲しいと思っていながらどっちを買おうか悩んで結局買わないまま数年が過ぎている。
家でも仕事のスキルを伸ばそうと思ったり巷にあふれるツール類を活用するならWindowsのほうがいいが、家マシンとしての使い勝手や精神的満足はMacのほうが上だと思う。そんなときにこんなツールがあるのを知ってしまうと、もうIntel Macを買うしかない!と一気に決断ができるというほどのインパクトがある。別に同時にインストールしなくても後からやっぱりWinもいるかと思えば、買えばいいんだし。

これは徹底的に導入を簡単にして、動作を安定させることが売上増につながる気がする。いっそOSとセットとか、プリインストールで売ってしまえばいいのに。Appleがやらなくても販売店でやったりできないのかしらね。

|

« Mac mini にIntel inside(BlogPet) | Main | ブロ電乗ってみた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お洒落なWindows機を手に入れる方法:

« Mac mini にIntel inside(BlogPet) | Main | ブロ電乗ってみた »