« December 2006 | Main | February 2007 »

January 2007

Jan 26, 2007

煽りすぎの見出し

アトムを超えるか?--タカラトミーから二足歩行のヒューマノイド型ロボットが誕生 - CNET Japan.

「アトムを超えるか?」って、玩具メーカーだし別にめちゃめちゃ期待して読んだわけじゃないんですが・・・・どう考えても煽りすぎで不必要にがっかりしました。アクセス数がほしくてわざとこんな見出しにしたのでしょうか。
よく読むといろんなことができて、なかなかのものです。全然欲しくはならないけど。
素人(?)目にはデザインや色が試作品みたいで、大人が買うにはチャチっぽい、子供に買うには高い(今ならゲーム機orソフトが優先度高い気がする)という印象です。いえ、世の中わからないからこんなものが意外と大ヒットしたりするんでしょうか?

これにビブ着せてサッカーとかさせてゴールしたら踊らせたりするのかな。そしたらちょっとは興味は湧くかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 20, 2007

後で読みたい記事です。

やっと決まったLUNAR-A中止 徹底した原因・経緯の調査が必要 - ビジネススタイル - nikkei BPnet.
まだちゃんと読んでいないのですが、ペネトレーターという観測装置がなかなか完成せずに計画延期をしているうちに、完成していた探査機本体は10年間も待たされて劣化してしまっていた(陳腐化もでは?)という、興味深いニオイがする記事です。
お金もそうだけど、つぎ込まれた労働と頭脳が勿体ない・・・無念だろうなあ。

私の働いている業界にはそういう意味でのプチ無念が溢れています。昨日もそんな無念を酒で晴らす人々におつきあいしてきました。

| | Comments (149) | TrackBack (0)

Jan 19, 2007

どーでもいい問題

折しもだいたひかるさんは離婚される見込みとのニュースがありましたが…。
最近、配偶者の日記がブログからmixiに本格移動してしまったのでmixiに招待してもらいました。 当分はROMで、と思っていたのですが、せっかくあるものなので使ってみたくなり、やはり日記のようなものを書いてます。 そんなわけで、ついこのあいだここと日記を統合することを決めたというのに、また考え直しです。 いや、本当にどうでもいいですね。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

「もっと脳」が難しい

DSはだいぶ前に買っていたのですが、最近ソフトを増やしています。
もっと脳、えいご漬けなど学習系を買って来てもらっています。今、平成教育委員会も注文中。声がホンモノっぽいと聞いたので思わず衝動買い。
もっと脳が結構難しくて楽しいです。脳トレは慣れるにつれて20才をキープできるようになってきたのですが、もっと脳は三回目のチャレンジでやっと26才です。トレーニングも難しく、文字を組み合わせて一つの漢字を回答するヤツはいつも「徒歩」レベル・・・。

といっても今一番出してほしいのはワンセグチューナーなんですが、任天堂は6月以来ダンマリの状態です。会社の人に聞いたら、ゲーム業界なんてそんなもんなんだそうで。そんなもんですか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 15, 2007

G本番でした

1/14(日)は、G(某アマオケ)の本番の日でした。プログラムはこんな感じ。
 シベリウス:ポヒョラの娘
 リヒャルト・シュトラウス:ホルン協奏曲第2番(独奏フランク・ロイド)
 ニールセン:交響曲第4番
ずいぶんと久々に、楽しく演奏できたように思います。いやはや。

ゲストのフランク・ロイド氏は本当に凄い方でした。ハリソン・フォード似(?)でかっこいいし♪彼のおかげで、お客様も有名曲のプログラムではないにも関わらず1500人近い大入りでした。
残念ながらコンチェルトは降り番だったので、舞台袖で聴いていたのですが、あれは中で直接聴きたかったなぁ。あとで考えれば客席にこっそり行くくらいの時間はあったのです。残念。アンコールのHappy Bluesがまた圧巻で、まるで二人いるかのような縦横無尽さ。口ポカンで聴いていました。あ、やっぱりステージにいたらダメでしたね。興奮して奇声を発していたので・・・。DVDはもちろん買ってあります。ウフフ。

そんな素晴らしいメインステージを堪能した後、まだ出番の残っている我々は、「長いアンコールだぁ」といいながらステージに上がったのでした。幸いニールセンは楽章間が分かれていないので、お客様が途中で抜け出すには向かない曲です。
練習中は、繰り返し返していたせいで気がつかなかったのですが、通すとあっという間な曲でした。出番もイメージほどにはありません(2楽章はナシ、3楽章は最後だけ)。個人的には「ここ頑張ろう」と思っていたところが自分なりに頑張れたので良しとします。もちろん全っ然足りていないので、これからも精進しまする。

夕方から宴会。指揮の橘さんも、ロイドさん&パートナーもいらしてくれました。ロイドさんにはサインはいただかなかったのですが、みんなで一緒に写真を撮ってるときに握手をギュウギュウしてくれていたので一生の思い出になりそうです。
ここにはとても書けない面白い話もあったのですが、それは胸にしまっておくことにします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 10, 2007

iPhone。日本で売ってたら買っちゃいそうです・・・

ついに発表--アップルの携帯端末「iPhone」とは - CNET Japan.
プレスリリース
所詮電話だし・・・と興味もなかったiPhoneですが、発表されたのを見ると、想像以上に魅力的でした。

見た目はもちろん中身もほかとひと味違うのですが、タッチパネルの操作感が先進的なのもとても面白そうです。
マルチタッチといって、うちのiBookもそうですが、一本指と二本指で異なる操作ができるのです(会社でスクロールしたくてタッチパッドを二本指で撫でても何も起きなくてがっかりしたこともしばしば)。さらに指を開くことで画面の拡大(?)といった直感的な操作ができるとか。マイノリティリポートを彷彿とさせますね。

日本での発売の目処は立っていないそうで、むしろほっとした気持ちです。衝動的に買っちゃいそうな気がするので。
私はもう少しesと遊ばなければ。お値段が全然違うとはいえ、比較するとかなり霞みますが、これからもかわいがってあげよっと。

動画を見つけたのでリンク。
ジョブズがiPhoneのアプリをデモしているところ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »