« December 2008 | Main | March 2009 »

February 2009

Feb 21, 2009

遅まきながら・・・

エルサレム賞授賞式での村上春樹さんのスピーチを読みました。

なんだか泣けてきました。

http://www.47news.jp/47topics/e/93880.php より引用。

下の英文は村上春樹さんが講演を終えたあと共同通信エルサレム支局の長谷川健司特派員(支局長)がエルサレム賞主催者から提供を受けたテキストが基になっています。しかし、実際の講演はこれに少し修正が加えられていました。当日、長谷川特派員が授賞式会場の取材で録音したレコーダーを聞きなおし、実際に村上さんが話した通りに再現したものです。(47NEWS編集部)

どこかいってしまうかもしれないので、47NEWSに掲載されている全文を続きに引用します・・・。

Continue reading "遅まきながら・・・"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Feb 18, 2009

ワンセグと携帯

NHK、4月から独自のワンセグ放送「ワンセグ2」をスタート:モバイルチャンネル - CNET Japan.

4月6日の真夜中から始まるそうです。

会社員の休憩時間、寝る前の時間、朝寝した休日の午後なんかを想定して番組編成している模様。5分でチェックできる大河ドラマダイジェストなんかは、つなげれば年末の総集編くらいになったりして・・・

12月にねずみ一族(たぶんそんな用語はないのだが、分かる言葉を入れると自動収集であの会社のサイトに掲載されてしまうみたいなので)になったので、今までの貧しいPHS生活から抜け出し、お財布もワンセグも使えるようになりました。

ワンセグってついてても使わないかと思っていたんだけど(ついてる電子辞書買ったけど、買ってきた日しか見なかった)、防水なのでなんだかんだ言って毎朝風呂でみています。小さいとか、軽いとか、丈夫だとか、そういう要素は本当に大事ですね。

| | Comments (229) | TrackBack (0)

「待ち長い」って方言なの?

夫との会話の中で、何気なく「待ち長い」という言葉を使ったら、
「何それ!?どういう意味?どこの言葉?方言じゃねーの」とすごい勢いでつっこまれました。

「待ち(が)長いね~」という感じではなく、「まちながい」という一つの形容詞のイメージです。
たいていは、「長く待たされている感がある」「待っていて辛い」という程度の意味で使っているのですが、「待ち遠しい」と同じような意味で使う時もあります。

電子辞書で調べたけれども載っていません。
まさかと思って、ネットで検索してみたのですが、ヒットするのは九州出身の人のブログばかり・・・。やはり方言なのかしら?

しかし、どこぞの大分県の方言紹介のページには、
 方言・・・「まちなんか」
 標準語・・・「待ち長い」

とありました。

そう。標準語だと思ってるんだってば。

| | Comments (164) | TrackBack (0)

Feb 15, 2009

宴会

日曜日は、ホルン会におじゃまさせていただきました。

てっきり15時からだと思っていて、ちょっと早いかなと思って14時45分くらいに行ってみたらみんな揃っていて、すごいなあと感心しました。

実は14時からだったことが後に判明。あらら・・・すみませんm(__)m

お酒も食べ物もおいしく、しかも気を使っていただいて大量に食事も用意していただいていました。ごちそうさまでした。

パルジファルのDVDに始まり、いろいろ見せていただきました。
先日の本番の見本DVDもあり、あいたたでしたが結構面白かったです。

過去の演奏会のDVDもあり、皆さまのお若いときを拝見できて、感動しました。
GはT大オケと冬の本番の時期がかぶっているので、現役の時はあまり聴きにいけなかったんですよねえ。今でも、T大オケの定期をよく聞き逃してしまいます。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

さかなクン

朝起きて、テレビをつけていたら、さかなクンが出てきてサックスの演奏を披露。
「水槽がたくさんあると間違えて吹奏楽部に入ったんです~」と言っていました。

しださんのお店(ザ クラリネット ショップ)にさかなクンが来店するって聞いたことあるなぁ、と思いだしたので、腕前には驚かなかったけど、普通にお上手でした。

確かバスクラ吹きだと思っていたけど、サックスも変わらないんでしょうね。
いや、サックスのほうが簡単だろうな。

さかなクンは、私が尊敬する日本人の一人です。
世の中には大した人がいるものだと、つくづく思います。
そんなわけで、横浜中華街にある、さかなくんプロデュースの吉本おもしろ水族館にも行ったことがありますが、本当におもしろいのでおすすめです。

| | Comments (1302) | TrackBack (0)

Feb 12, 2009

あらたにす もiPhoneアプリを出すらしい

あらたにす プレスリリースPDF直リンク

朝日・読売・日経3紙の鼎列ニュースサイトがあるのですが、こちらも閲覧用のiPhoneアプリを無料で提供だそうです。紙面を見れるわけではなく、ブラウザで見るよりは見やすい、という趣旨のアプリのようです。

なら、まいっか。

| | Comments (709) | TrackBack (0)

Feb 11, 2009

The Commonweath

オーストラリアの正式な名称は、Commonwealth of Australiaなんだって、と夫が言いました。
直訳すると公共の幸せのような意味になりますが、日本語に訳するときは、連邦などというようです。というか、イギリス連邦の一つという意味のようなのですが、どっちにしてもオーストラリア自体も連邦制なのでまいっか、というところのよう。
昔、日本は大東亜共栄圏などといって、他国を侵略しようとしましたが、イギリスも植民地を同じように呼んでいた(というか「共栄圏」自体が、Commonwealthの訳だったのかもしれないですね)んでしょうかね。

さらに、アメリカの州はstateというものと思いこんでいましたが、実際はペンシルバニア、マサチューセッツ、ケンタッキー、ヴァージニアの4州は、stateではなく、commonwealthと名乗っているのだそうです。これは、有名な話らしいですが。アメリカといっても、国に歴史ありですねぇ(なんか、怒られそう・・・)。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

今さらの名作

久しぶりの日記です。

本日はお休みだったので、お昼近くまで寝てしまいました・・・
夜、青葉台にさらいに行っただけ。とても平和な一日でした。

yahoo動画の「十二国記」というアニメにはまっており、やっと40話まで見終わりました。
かなり有名なシリーズノベルのアニメ化だそうで、見始めたときにはいくら主人公成長ものだと思って割り引いて見ても、主人公の性格がちょっと鬱陶しいなあ、という感じで続くかどうか疑問だったのですが、途中から俄然おもしろくなりました。

これは、本を読んだほうがおもしろいんでしょうね。国名・人名や制度・役職などが漢字で見れば見当がつくものもあるのでしょうが、音で聞いているだけだと難しいので。

本のタイトル自体は知っていたのですが、作家の方のペンネーム(本名だったら申し訳ないのですが)が「小野不由美」さんといい、自分の名前とはいえ、「不」という字を使うような方の本を読むのもなんだか嫌だったので、手に取ったことがなかったのです。
今さらという感がありますが、食わず嫌いを反省し、ちょっと読んでみようと思います。

今さら、と言えば、ハリーポッターもまともに読んだことはありません。
そろそろ読んでみようかしら。

| | Comments (40) | TrackBack (0)

Feb 08, 2009

お買いもの

次の演奏会がロータリーの予感がしたので、先週の日曜日についにロータリーのマウスピースを買ってきました。

2年前に買ったロータリーにはマウスピースが付属していなかったのでなんとなくそのままになっていたのです。演奏する時には縦と同じものを使っていたりしたのですが、やっぱり必要以上に吹きづらく、この間の代奏のときのあまりの酷さについに観念しました。

興味も知識もない上、調子もよくないので、試奏していい感触/悪い感触が道具のせいなのか自分のやり方のせいなのかの判断がつけづらく、楽器を選んだり、マウスピースを選んだりするのは本当に苦痛で嫌なのですが、今回も相変わらずでした。
おつきあいいただいているT氏には感謝です。

一応、夫のを借りて吹きやすかったことのあるBestBrassの大倉先生モデルと、本体のWillenberg向けであるというブレゼルマイヤーのモデルを試すつもりで銀座へ。
ヤ○ハ仮店舗にはどちらもありませんでした。
山○楽器には、さすがに本体を売ってくれたお店だけあり、ブレゼルマイヤーはありました。試奏させてもらい、縦で使っている14C4よりは、当然のごとく遥かにしっくりくるというのは分かったのですが、比べずに買うのもなんだかなぁ、ということでWind○rewに電話で在庫確認していただき、それぞれ1本ずつあるというので、その足で新大久保へ。

さて、吹き比べましたが、どっちかというとブレゼルマイヤーのほうが感じがよい。Willenberg向けはワンモデルなので口径(?)など選べないのですが、お店の方にWillenberg向けのほうがいいかもとお話したところ、試しにということで縦で使っているものと口径の似たもの(LG1)も持ってきてくれました。
そちらは大変吹きやすい感じ。
でも音はWillenberg向けのほうがよい感じ。
う~ん、と悩んでいると、カップの深さが違うもの(LG2、LG3)も持ってきてくれました。LG2は、サイズはともかく個体で明らかにハズレ。LG3は吹きやすいのですが、浅すぎてただでさえペラペラな私の音がさらにペラペラに。

結局のところ判断がつかなかったので、Willenberg向けとLG1を両方買ってきました。

買ってきて気がついたのですが、結局どっちかでしか練習しないだろうな~、自分。

| | Comments (47) | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | March 2009 »