« March 2009 | Main | May 2009 »

April 2009

Apr 24, 2009

中国という国

本当は、草なぎさんのことよりは、こういうのを取り上げたいんだけどね。

リンク: 中国、ITソースコード強制開示強行へ…国際問題化の懸念 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

じゃあ、中国では生産も販売も止めたら?と思っちゃうけどね。

| | Comments (38) | TrackBack (0)

違和感

こちらに週刊朝日の編集長さんが書いた草なぎ剛事件に対するブログ記事:草彅剛「全裸で逮捕」報道への違和感があります。

昨日、だいぶ呑気に書いていた草なぎ剛さんの逮捕ですが、この「違和感」という言葉は確かにしっくりきますね。

最初、聞いた時は、酔っ払いすぎて暴れて警官殴っちゃったんだろうと、てっきり公務執行妨害なんだろうな、と思っていたのですが、ニュースを見たら「公然わいせつ罪」だったんですよね。

今日になって同僚と、なんで酔っ払って脱いだだけで「公然わいせつ罪」なのか、という話をちょうどしていたところで、「公園がパブリックスペースだかららしいですよ」と言われ、「ふーん、路上と一緒ってことかしら。別の場所に行けば路上にいっぱいいそうなのにねえ。」(本当にいるかは知りません)なんて感じで。

脱いでいたとしても一般人の酔っ払いに対する家宅捜索は、流石にありえないでしょうから、芸能人→ドラッグだと思って勇み足だったのを、事件性はないけどガンガン詳報を垂れ流してマスコミに食わせ、大ニュースにさせることでごまかしている、というのであればなんか納得です。

それを「陰謀説」とまでは思いませんけどね(思ったって真実を知りようがない)。
警察畑はよく知らないけれど、公務員は一にも二にも保身大事。
動きがいいように見えるときは自分が責められないようにという動機が一番強いように思います。

まあ、でも何度も言うけど、自覚はないよね。

| | Comments (96) | TrackBack (0)

Apr 23, 2009

草彅剛事件

もしタイトルが文字化けしているとしたら、申し訳ない。

Vistaなので「なぎ」の字が入力できます。
(翌日)訂正します。XPでも補助漢字に入ってたので使えますね。
ココログはどうなっちゃうのかな?と思って敢えて使ってみましたよ。あっさり投稿できました。

本日大衝撃の草なぎ剛さんの逮捕。

盛大に酔っ払って、公園で服を脱いで喚き散らしていたとか。

何かに追い詰められて酔っ払ったのか、単にご機嫌だったのか知りませんが。
バカだし、いい年して自覚ないなとは思うけど、そこまでの落ち度かというと、うーん、個人的には結構同情してます。
痴漢目的で前をさらしていたというわけでもないし。

もう、マスコミなんて一瞬で「草なぎ容疑者」に切り替えてるんだものね。
人間性を捨てなきゃいけない因果な商売だと思うことしきりです。

それより、取り押さえられるときに「シンゴー、シンゴー」と叫んでいたのを「意味不明な」と表現されているのが面白いですね。さすがに意味は分かるでしょ。

草食系の安牌的な存在だった彼のCM群。
 ・地上波デジタル放送
 ・公共広告機構
 ・昆布ぽん酢
 ・トヨタレンタカー
 ・アリエール(洗剤)

そして公開前の映画「BALLAD~なんとやら」。

きっと大変な損害になるのでしょうね。
やっぱり自覚がないとしかいいようがないのかな。

好きな芸能人というわけではないけれど、頑張り屋さんなイメージがあります。
小さい頃は可愛かったのに、大きくなったら個性的という以外には表現しようのない印象になってしまい、ああ残念というところを、事務所の力も借りながらも、味のあるアイドルとして道を切り開いてきた感じがあるので。

「ぷっ」すま、どうなっちゃうのかなぁ。
数少ない録画してまで見る番組なのに…

| | Comments (341) | TrackBack (1)

Apr 22, 2009

見た目が9割

数々の見送りを続けてきたLOOX Uですが、今回の夏モデルでお買い上げ決定しそうです。

WEBMARTモデルで、UNITED ARROWSデザインの天板が選べるんですね。

そんだけです。

あとはCPUにZ550が選べるとか、ごにょごにょありますが。

やっぱり、天板!天板ッスよ!!

だってF-04AのUNITED ARROWSモデル、かわいくってとても欲しかったので。
あ~、社用携帯、あれになんないかなあ…なるわけないよなあ。

Libretto ffやVAIO U101で鍛えたミニパソタイピングがLOOX Uに活かせるのかどうか検証します。乞うご期待!

--
追記。
ビーテーオー関係のTBを5つもしていただきましたが、広告目的であること、LOOXとは無関係であることからすべて削除いたしました。
あしからずご了承ください。

しつこいのでニフティに通知しましたよ。もうキーワードも使ってません。

| | Comments (136)

Apr 15, 2009

ひさびさのウィルコムネタなのです

噂どおり、東芝製のWILLCOM NS (Network Stationer)が発表になりました~。

手帳にセッティングすることを想定した、Web専用機です。
通話機能は完全カットという潔い端末。
結構すぐ、4/24には発売だそうです。
プレスリリース
東芝プレスリリース
jigプレスリリース

料金プランは「新つなぎ放題」以外選べません。
無線LANついてますが、使おうが使うまいが、お支払いは変わらないという。
このプランは、パケット通信なら8X(プランはOKですが使えるのは4xまでみたい)でも定額ですが、2年契約が前提で更新も2年ごとです。

頭金が4,800円。
W-VALUE SELECTで契約した場合、端末割賦料金よりもW-VALUE割引が大きい端末なので、2年間は端末代の分割料金含めて月2,980円で通信し放題ですが、割引期間が終了すると普通の「新つなぎ放題」の料金になります。
内訳は下のとおり。
 新つなぎ放題:3,880円 - W-VALUE割引:2,900円=980円
 端末割賦料金:2,000円 (24回払い)
端末代を一括で払うと、52,800円で24ヶ月間は月々の支払いが980円ですね。

それにしても面白い製品ですねえ。
これを使いたいがために、バイブルサイズの手帳を入手する人がいそうです。

とりあえずキーワード。
・画面4.1インチWVGA(480×800) 感圧式のタッチパネル
・重量160g
・バッテリー駆動時間はW-SIM通信時6h、無線LAN通信時4h
・ヘッドホン出力がある
・microUSB
・USBマスストレージ
・USB充電
・microSDカードSDHC16GB
・リフィルアダプター(手帳にくっつけるやつ)、スタイラスは付属
・jiglets(jigデスクトップ、jiglet、jigブラウザ)※jigletsはこれが初のサービス提供とのこと
・ブラウザNetfrontもあり
・自動巡回(10件まで)
・画面メモ(ページ保存)100枚まで(jigブラウザのみだと思われ)
・PDFビューワ
・画像ビューワ(BMP,PNG,JPEG,GIF)
・縦横表示切り替え可(一部だめ)

提供されるのはWEB端末。あとは、jigletでどこまでできるか。
現在の登録数308個メーラー、ポッドキャストプレイヤーあたりが目立ちます。
でも、こんなサイト(jiglets)(今日のところは訪問してもcoming soonです)があるのでWILLCOM NS用は別かも、と思ったら案の定!

jigletsのjigletはWS026T専用のjigletとなります。
現在jigブラウザ、jigデスクトップ 及び、Yahoo!デスクトップにて提供している
jigletのご利用はjiglets for WS026Tではできませんのでご注意ください。

だってさ!だよねぇ。

てな感じでいろいろ書いてきましたが、2~3日中にiPhone向けのミニ六穴向けリフィルアダプターがどこかからか出そうな予感が…。
iPohneは115.5mm×62.1mm、ミニ六穴はW80×H125くらい。
うーん、実際作るとちょっと大きすぎるかもね。

--

追記です。下の記事の質疑で参考になる点がありました。

「システム手帳に入れておける携帯端末だ」,ウィルコムの新製品発表会より:ITpro

――どこまで保存したWebサイトを閲覧できるのか。
 指定したURLのWebページのみだ。Webサイト中の下層のリンク先は保存しない。

そうですか。

――システム手帳に収まるこの携帯端末で,電子書籍を読むことはできないのか。
 現状はできないが,今後の展開として模索しているところだ。

がんばれ~

| | Comments (86) | TrackBack (0)

Apr 12, 2009

ささやかな…

父が仕事で東京に出てきたので、品川まで会いに行ってきました。

今月末に手術を控えていますが、やっぱり少し歩きにくそうです。
本人いわく「足の裏の皮膚が5mmくらい厚くなったような感覚」だそうです。
ほかにも「汗が伝うような感覚」があることもあるそうです。
どちらも神経の誤作動だそうですが。
ときどき膝から下に力が入らなくなることもあるそうで、
山登りは控えているようです。

手術でよくなるといいのですが…ちなみに山復帰予定は9月だとか。

短い時間ですがいろいろ話せて楽しかったです。

--
品川から帰宅し、なぜか住吉までさらいに行きました。
その道中、暇つぶしにやっていた携帯のズーキーパー。
クリアしました~!

結構テキトーにやっていたのに初めてクリアしてびっくり。
たまたま易しかったのかしら。
初めて拝見いたしましたエンディングでは、園長の過去が紙芝居で語られて、
「キミはこの動物園の伝説だ」みたいなことを言ってもらえました。

| | Comments (103) | TrackBack (0)

Apr 07, 2009

あれ、くっついちゃった

Yahoo!動画は、十二国記でお世話になりました。
GyaOはミラクルさんの番組をちょっと見たりしました。
Yahoo!はサービスを後付けで有料化するイメージがあるので、くっついてGyaOの有料プログラムが増えてしまうのではないかと心配…。

Yahoo!動画とGyaO統合、「権利者を尊重する」No.1動画配信プラットフォームに - ITmedia News.

| | Comments (145) | TrackBack (0)

映画公開の署名活動だって~

署名活動するなら『署名TV』っていうサイトがあるとは知りませんでした。

南京事件を描いた映画「ジョン・ラーベ」の日本公開を求める署名

があったので、試しに署名してみましたよ…。

名前を非公開にできますが、ニックネームでも署名できます。
署名なのにニックネームというのが気持ち悪いので、一応名前は入れましたが。

あと、自分で署名しておいて何なんですが、ちょっと気になる。
「各映画配給会社に提出」とありますが、1000人分くらいで動くのかしら…
といっても、まだ89人しか集まっていませんね。

| | Comments (495) | TrackBack (0)

Apr 03, 2009

「南京のシンドラー」と日本の何か

「ジョン・ラーベ」という映画が日本では上映できないそうです。

中国・フランス・ドイツ合作の映画で、今年のベルリン映画祭で上映された作品です。

ジョン・ラーベは、1937年の日本による南京攻略・占領当時に南京に在住したドイツ人実業家(ジーメンスの支社長だそうです)。(ネットで検索すると武器商人であったという主張もあるが、本当のところは私にはわかりません。南京事件-日中戦争 小さな資料集というサイトに検証があります。)

「南京の真実」という邦題で出版されている本で当時の日記を編集したものを残しており、民間人を保護したことから、「南京のシンドラー」とも呼ばれているそうです。「南京の真実」(原題 Der gute Mensch von Nanking、英訳題The Good Man of Nanking)には誤訳や、事情があっての変更があるようですので、読むなら英訳・原書を読む方がよいようです。
南京大虐殺論争というものがあり、今でも規模やその内容を論争する向きがあるようですが、このジョン・ラーベという人の書き残している内容は、日本の保守派の人にとって大変都合が悪いのだそうです。上映が日本でされないのも、そういった関係であるようですが…。Googleで検索するとシンドラー(これ、シンドラー社も含むからなあ…)は34万1千件ヒット、ジョン・ラーベは3万5千100件ヒット。かなり日本での知名度は落ちるようです。

それにしても、例え虐殺が20万人、30万人の規模でなかったからといって、何か軽くなるものがあるのでしょうか?
戦争を起こし、民間人に対して例え数人にでも残虐な行為を行ったのであれば、それは反省しないといけないし、二度と起こることのないように心に記しておきたい。
残念ながらこの事件というのは、私には過去に済んだことであるし、当事者の家族でもないので正直言って非常に遠い出来事です。だからといって忌むべき行為は忌むべき行為であり、その数を云々して何かが変わるとも思えません。数は攻撃や取引の材料とはなるのでしょうが、既にそれは歴史を知る目的からは逸脱していると思うのです。
子供にこの歴史を教えるとき、被害者の数を~人という説もあれば、~人という説もある、という説明をすると、何か大事なものを見失ってしまうような気がします。
死者の数も正確に把握できないほどの背景はどういうことなのか、何の落ち度もなく殺されるということがどういうことなのか、どこかで被害者に出会い、その人が日本のことを恨んでいたとしたら自然と頭を下げられるくらいの情報が得られればと思います。

インターネットという匿名性も手伝ってか、私が子供のころよりも、中国や韓国のように戦時中の関係が気まずい国に対して不快な態度をあからさまにし、こういう話について根拠の有無にかかわらず妙な主張をする人が増えたように思い、それも残念なことです。しばらく前には皆無だった愛国心と言えないこともないんでしょうが…。

私は、今まで日本に生きてきて、都合が悪い映画だからと言って日本では上映ができない、というような国であると日本のことを認識してはいなかったのですが、残念ながらそういう国であったようです。DVDくらいは出るんでしょうかね?

歴史において大なり小なり反省するところのない国などないのだから、戦争をした日本というものをこういう映画を通して見て第三者(もしくは当事者としての中国)の視点から見て、人として国として何を大事にしていくのがよいかを考える機会を得るほうがよほど建設的であると思います。

| | Comments (106) | TrackBack (0)

Apr 01, 2009

舞水端里って素敵な地名だと思う

舞水端里 - Wikipedia

ミサイルの設置場所としてその名を知られた舞水端里。
初めてみたときから、景色が良さそうな素敵な地名だと思っていました。

「舞水端」は、陸が終わり水が舞うところ。日本海に向かって海岸線が絶壁になってるんだそうです。テポドンという言葉は、その辺りを指す昔の地名で、「大浦洞」と書くそうです。

日本のロケットの打ち上げも内之浦や種子島でするように、人の少ない自然の豊かなところは、こういう用途に使われてしまうんですね。

| | Comments (84) | TrackBack (0)

食い道楽

本日は年度末。
今日で最後になるNさんのお見送りも兼ねて、女性飲みその2を決行!

偶然知った、神楽坂の名店ま○だやさんに行ってきました~。

ます○やさんは、もとはお肉屋さんで、昼は肉にくしたお弁当(持ち帰りのみ)、夜は牛鍋・しゃぶしゃぶ・すき焼き・牛刺しを食べられるお店です。
私たちは、一週間ちょい前に予約して行きましたが、火曜日だというのに満席の札が出ていました。

予約した席は、3人ずつにテーブルが分かれています。

まずは、牛刺し。1人前890円也。4枚あるというので、3人前を2皿に分けていただき、1人2枚いただきました。
出てきたのは、ほどよい厚みでさしが入ってピンクに見える美味しそうなお肉!
蕩ける食感に悲鳴混じりで食べておりました。

お次は、牛鍋です。これは各テーブル1人前(1980円也)だけ。
だって本当はしゃぶしゃぶ食べる予定で来たんだもの。
Sbsh0020
1人前とは言いますが、なかなかの分量。関東のお店の割には味付けは甘め。
お肉の部位もいくつか入っていますが、とにかく脂が甘くて幸せ。
お願いしなくても卵を人数分出してくださったし、お豆腐は3つに切ってくださって、ステキな心遣いをしてくださるお店です。
私はいつものようにライスをお願いし、最後はすき焼き卵ごはん!

さてさて、ついにしゃぶしゃぶの時間。
しゃぶしゃぶは、1人前1,980円と2,600円と3,700円の3つのラインナップ。
高いほどさしが多くなります。なので1,980円と2,600円を2人前ずつ…。
下は、2,600円のしゃぶしゃぶ2人前のお肉です!たっぷり!
(映っていませんがもちろん野菜も込みのお値段です)
Sbsh0022
どちらも美味しくいただきました。さしが多いほうが満腹になりやすいかな。

締めはラーメン♪
みんなお腹いっぱいだったので、1人前を6人で分けるという暴挙に出ましたが、それも6人分の器を持ってきてくださいました。醤油ダレを器に少し入れて、スープで薄め、醤油ラーメンです。こちらもなかなか。

そんなこんなでお腹いっぱいになりましたが、一人5,000円かかりませんでした。
バンザ~イ。

| | Comments (108) | TrackBack (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »