« April 2009 | Main | June 2009 »

May 2009

May 31, 2009

ミューザはどこで聴くのがいいのでしょう

30日土曜日は、某Bメンの演奏会でした。
今回はミューザ川崎で夜公演。

あの時間帯だからか南武線の運行は12分に一本と少なく、ちょっと驚き。
余裕を持って出てたから問題なかったけど、ロビコンは聞き逃してしまいました。

曲目は、ドヴォルザークのノットゥルノ ロ長調、交響詩「水の精」、あとブラ2。

演奏はぶらあびだったのですが、座席の場所のせいか、演奏の遠さとかバランスが気になりました。指揮の森口さんの様子からしてもっと盛り上がってたはずだと思うんですが、なんだかちょっと遠いのです。
中央からやや後方の結構いい場所にいたつもりだったんだけど、もっと前のほうがいいのかしら。

水の精について。

「水の精」(Vodník)は、イメージ的にはきれいな(といっても、人外の不思議なものを「~の精」と訳すことはよくあるので、私個人のイメージかも)訳語がついていますが、英語だとwater goblinになっており、その方が近いのかしら。
日本だと水神様みたいなもんかなと思ってたけど、どっかには河童みたいなものだと書いてありました。河童が水神様扱いになることもあるからそう違いはないんですが、とにかくとてもメジャーなキャラクターなわけですね。

初めて聞くと、お話なしには聞いていられないような感じの曲でしたが、紙芝居付きだと楽しいかもしれないです。お話は日本の昔話にもよくあるような民話で、結末は残念な感じです。
 ・水には気をつけて
 ・約束を守らないといけない
 ・欲しいものを手に入れるには代償が必要
みたいな感じでしょうかね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 28, 2009

type Pもいいなあ

VAIO type Pも新型?が発表されたらしく。いい感じですね。

天板の模様とキーボードのカラーバリエーションが増えているのと、XPも選べるようになったのと、VistaだとAtom Z550+メモリ2GB+256GB SSDの構成が選べるようになった、というのが特徴かな?
と書いたものの、XPでもAtom Z550なら選べます。XPのほうは一部のソフトが提供されていなかったりするようなのでちゃんと調べてから買ったほうがよさそうです。
SSDが大容量まで選べる上、お値段が結構安くなったのか、ぐっと敷居が下がった感じがするのがとてもいいです。

でもVAIOのPちゃんにはタッチパネルがない、画面が回転しない(立って使えない)、いらない人も多いと思うけど指紋認証がない(でも、実は指紋認証装置でスクロールできるのだ)。そんなあたりが残念かな、そうでもないかな、と考えつつ・・・
う~ん、小さいものはあれもこれもというわけにはいかないので、短所よりも長所を考えるほうが幸せになれそうです。

そんな感じで羨ましく思いながら、ちっさいのの感想。
・ちょっとBluetoothに興味が出てきました。何か面白い使い方ないかな。
・U101から少しデータを移動するのに両方を操作しました。
 どんぐりの背比べですがLOOX Uのほうがキーが大きくて打ちやすいです。
 でも、独立してないキーが多いのはやっぱり不便。なんてワガママなんだ・・・
・液晶をひっくり返して、スタイラスで操作するのが結構楽しいです。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

May 26, 2009

小細工など

LOOX U/C50への小細工。

キーボード、多少入れ替えました。keyswap for XPです。

・変換→アプリケーション
・ファンクションキーのFnつきとなしを入れ替え(ただしF2とF12はさらにチェンジ)
 これで、普通に押すとF7、F8、F9、F10、F11、F2
 Fnキーと一緒に押すとF1、F12、F3、F4、F5、F6
 となります。
 といっても、検索後のF3とか、終了のAlt+F4とか、実は表に出してやりたいので、また変えるかもしれません。
・右のShift→\ _ (シフトでアンダースコアが入力できるキー)

1番目と3番目の変更は、VAIOのU101と同じです。あっちのほうがキーは小さいけれど、ほんとんどのキーがちゃんと独立していて使いやすいかな。でも矢印キーはLOOXのほうがいいですね。U101は、右下にある4つのキーを矢印に置き換えていました。
ファンクション(特にF1、F6、F12以外)は狭くていいから独立してほしいなあ。

あとは、Click Navigatorも入れてみました。長押しと、くるくるスクロールを有効にしています。よく考えたらスタイラスで使うのはときどきなので、ときどき役に立つって感じかも。

| | Comments (134) | TrackBack (0)

May 25, 2009

遮光カーテン

もう何年も前から、遮光カーテンを使ってます。
非常に良く眠れるのですが、眠れすぎという感もあります。
人は朝の光を浴びることにより体が起きるということなので、最近レースカーテンだけを引いて寝るようにしました。
寝室の窓は西の廊下向きですが、それでも効果は抜群。
6時くらいには自然と目が覚めます。
ここ3日くらいは4時半くらいにも目覚めてしまうので、逆に困るくらい。

さて、冬場はどうしようかな。
カーテン替えようか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2009

近いですね

新型がついに関東に上陸したのを確認したそうですが、洗足学園の生徒さんだったとは…。
きっとお隣の駅です。大変近いです。

明日から電車内のマスク率が上がりそうですな。
私はどうしようかなぁ。まだ買えるのかしら。

といっても、帰宅後から高熱が出て学校には登校していないそうです。
40度を超える熱なんて、きついだろうなあ。

昨日あたりに朝集合した新大阪駅で校長先生に即解散を告げられた修学旅行生に引き換え、学校の企画でNY行ってたなんて羨ましい話です。
代表なんだから優秀な生徒さんなんでしょうけどね。

5/11出発だったというから、ある程度は覚悟の上で(というか、用心はして)行ったんでしょうに、感染してしまうんですね。そして、高校生が圧倒的に多い。なんなんでしょ。

| | Comments (295) | TrackBack (1)

May 18, 2009

満員電車コメントから思い出してしまいました

自分トラックバック。これこそ正しい使い方のような気もします。

満員電車の中での「迷惑」って?: AirLog

ほとんどコメントをいただくことのないAirLogで、上の記事については少しずつコメントいただきます。
身近な問題で、みなさん一度は嫌な思いをなさっているということでしょうかね?

電車のマナーも相手の方の感じ方次第ですので、明らかに気を使っていない他人だけでなく、気を使っているつもりの自分にも迂闊なところ(落ち度)がまったくないとはいえず、電車の中は日々自分との闘いです。
精進精進…。

さて、皆様のコメントを読んでいて、非常にイヤ~~な経験を思い出してしまいました。

数年前のある日。幕張本郷の駅。

ドアが閉まりかけたエレベーターに突進してきた年配のサラリーマン、ほとんど閉まっていたところをあわてて「開<>」ボタンを押し、ギリギリのところでどうにか開けて差し上げました。
ところが、乗り込んできた50歳くらいのその男性の方は、私が「閉><」ボタンをを押していたものと勘違いしたのか、エレベーターの降下中ずっと私のことを睨みつけ、口の中で毒づいておられました。あまりの興奮度に今にも殴られるのではないかと冷や冷やしながら様子を伺っていました。
この方は、普段ご自分が私の立場であったら「閉><」を押すような行動パターンの方だからこそ、私が「開<>」を押していたとは思えなかったのだろうと推測します。

さて、自分の身の安全も考えた場合、私は「開<>」ボタンを押すべきだったのか、何もしないべきだったのか、どちらでしょう?

ちなみに、我が母は、省エネの観点からも「閉><」ボタンを押す必要はない!といっています。

私はといえば、何事も状況次第~気分次第~のいい加減なものですから、特別な主張はございません。ただ、嫌な思いをしたなあと、苦く思い出すのみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

期待はずれかな?

モバイルウィジェット対応のディズニー・モバイル端末「DM004SH」、7月中旬発売 - ITmedia +D モバイル.

ディズニーモバイルの第4弾が発表になったみたいです。

Img_nws_2_04_2

ここが公式かな?

「大人ガーリー」だそうです。だいぶオトメ路線ですね。
円形の背面液晶なんかは、F902iを彷彿とさせます。

いろいろありますが、読めばわかるので割愛。
主なところはウィジェット対応とか。
のぞき見防止機能(左の画像)がかわいいのが羨ましいかな?

残念なことに防水ではなくなっているようです。

とっても便利なのにな~。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 13, 2009

何も検証しない人

Atom Z550搭載のPCは今のところこのちっちゃい子だけだと思うんですが、特に何を計測することもなくテキトーに使っています。
世の中に記者さんでもないのにベンチマークとったりバッテリ使用時間記録したりしてブログにあげてくださる人が結構いますが、偉いもんだなあ、と思うことしきり。

買う前から感じていましたが、VAIOって何がいいって周辺を整えやすいところですよね。
ケースとかも、有名どころやSONY純正はもちろん、SUONOなんかもtype Pにはかわいい専用タイプを作ってくれるのに、LOOXは種類も少なく微妙なデザインしかない。
こんなことで頭を悩ませたくなんかないのに、なんてこと。

まあ、とりあえず、暫定入れ物を入手しました。これが永久になる可能性大です。
サンワサプライのIN-ME3NVというもので、アダプタとかCDドライブなどを入れることを想定したウレタンケースです。ちょっとぶかぶかだしかわいくないので、色以外はちっともマッチしません。900円なり。
あと、キーボードカバー。
これもVAIO U101やVAIO Pのように専用タイプは売っていないので汎用タイプをカットして使用。あと3~4回分はゆうにあるわ。
あまり滑らかな表面ではないためくっつかないかと思ったけど、キーボード上部の機種名が書いてあるツルツルの細い部分と右上のBluetoothやAtom、Windowsのシールには吸着してくれるため、不便はないようです。
これで安心して液晶をひっくり返して使えます。
だって天板が命なんだもの(笑)。

まだ大して重いこともさせてないからあんまりファンも回らないし、キーボードや裏面はかなりあったかいですが、パソコンなんてこんなもんだし。というわけで結構快適です。

そういえば、Windows7 RCをインストールする気は今のところ全然ないわけですが、BIOSの設定を見てたらVT(Virtualization Technology)がデフォルトではオフってありました。オンには変えられるようなので、XP modeも動くかもしれないですね。
というか、VTがなければXPでもVirtual PC動かないのかしら?そういう話ってあまり耳にしたことがないからWindows7のXP modeだけの要求なんでしょうかね。
調べる気ゼロなんですが、職業的にちょっと残念なのでがんばって調べてみました。

やっぱり普通は使えるみたいです。
ただしVTがないもしくはOFFだと、Virtual PCで「ハードウェアの仮想化」機能を利用できないようです。この機能の利用の有無でヴァーチャルマシンの性能が違うそうな。
はい、勉強になった。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

May 12, 2009

ちっちゃいの到着~

LOOX Uが到着しました。
知ってたけどとってもちっちゃくてかわいいです。

キーボードは軽くて浅い感じ。私は平気です。

キー配列でちょっといやなところ。
と、箇条書きにしようと思ったら、点はどこだ~
・・・見つからないので「てん」で変換します。

・「」を入力するときにFn+O、P
・F10、F11がFn+F4、F5
・。の位置が最下段にない
・;、:、?が最上段にある
・~がShift+Fn+0
・左のShiftが小さい
・TabがEscの右にある(Qが一番端にある)
・まだ・の入れ方が分からない→普通に「?/」キーです。ただし場所は右上。

こんなもんかしら。まあまだまだ出てくるでしょう。
とりあえずCtrl、Delete、BackSpaceの場所が正しい?だけでも助かります。
会社にあるノートパソコンでCtrlの外にFnがあるものもあり、とっても不便。

基本的に左右3本ずつ6本指入力の私。
上の配列で戸惑う以外はほとんど問題ありません。

とにかく小さいので、ブラウザはなんとなくFirefoxにしてズームを多用しています。
高精細な感じが初めてVAIO U101を使ったときと似ています。

さて、UA天板は結構いい感じです
手触りはペタザラな感じで良いとは言えないですが、質感は高いと思います。
でも埃が付きやすいみたいなので対策を思案中・・・

後は持ち歩くための入れ物がやはりないのです。
動画とかは特に試していませんが何かあればまた書こうかな。

--5/25追記

「・」はなんてことなく、普通の「? /」キーでしたので訂正です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 06, 2009

Amazonでのお買い物を考える

ネットショッピングはとっても便利。
買いたいものが決まっていて、かつ、自分が出かける交通費よりも送料が安いと判断できるときは、迷わず使います。

Amazonでは、スコア(しかもドーバー版などは激安ですし)や書籍、CD、DVD、その他電気製品等をよく購入します。送料が1500円以上から無料なので、どこで買っても値段の変わらない1500円以上のものもAmazonで購入することが多いです。

Amazon独特だと思うのですが、かなり大きめの段ボール箱の中に箱の底面と同じサイズの段ボール板(台紙)にプラスティックフィルムでぴったりとラッピングしたものを納めて底面に接着する、という形で梱包されたものが送られてきます。

今回は、チビパソコンの液晶保護シートを購入しました。
 商品は21cm×11cm×ペタンコ(0.7mmくらい?)。
 入っていた段ボール箱33.3cm×25.5cm×5.8cm(外寸)。
書籍やDVDでも同様ですが、さすがにこういう梱包を見るとぎくりとします。

破損防止のためと、規格をある程度統一して出荷・配送を迅速にするため、また日通と何らかの約束がある可能性なども推測できるのですが…。

箱には、「ダンボールはリサイクル 外箱、敷板」「フィルム(リサイクルマーク)PE」と、一応書いてあるのですが、このように封筒で送ってくれば済むものをAmazonで買うと驚愕の過剰梱包になってしまうことを、分かっていながら注文してしまった自分に罪悪感を感じてしまいました。どきどき…。

今後は、どこでも買えるものの購入店検討時に「適切な梱包がされそうか」をチェックしようと決意。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 02, 2009

そういえば

父の術後の経過は順調だそうです。

翌日に電話した時は麻酔などのせいで声が涸れていましたが、昨日には少しベッドを上げてお仕事を始めたそうです。

様子を見にというのもありますが、9日は父の誕生日、10日は母の日なので次の土日にちょっくら帰ってきます。

| | Comments (295) | TrackBack (0)

時速70Km、車間40mで渋滞がなくなる

カテゴリーがなかった・・・。これ面白いですね。早く免許更新に行きたくなってきた。教育ビデオ、見せてくれないかな。

リンク: 「渋滞学」の権威、西成活裕東大教授が伝授! 目からウロコの“究極”の渋滞回避術 - デジタル - 日経トレンディネット.

| | Comments (33) | TrackBack (0)

改名の理由

世界中で警戒されている旧名「豚インフルエンザ」が、、「インフルエンザA(H1N1)」に名称変更されました。日本の報道では「新型インフルエンザ」に切り替えているみたいです。

ソ連型とかAソ連型と呼ばれているものも同じA型のH1N1亜型というようです。めんどくさいのでWikipedia見てみました。A型インフルエンザウィルスの項です。

分離された変異株は名前を付けられて管理される。名前は以下の条件の上から下へ順番に名付けられる。

・型(A型、B型、C型のどれか)
・主な宿主(例:ヒト)
・分離された場所(例:福建)
・分離された順番(例:411番)
・分離された年(例:2002年、下2桁のみの場合もある)
・亜型(例:H3N2)
インフルエンザウイルスはヘマグルチニンとノイラミニダーゼの種類によってHとNの番号が付けられる。
このようにして名付けられたA/Fujian/411/2002(H3N2)は福建(Fujian)で2002年に441番目に分離されたH3N2のA型インフルエンザウイルスであることを示している(宿主がヒトの場合は省略されるがヒト以外の場合は型の後に入れられ、A/equine/Miami/1/63(H3N8)のように表記される)。

ソ連型というやつは、「A/USSR/90/77 (H1N1)」という名前でよばれる変異株だそうです。

ニュースのほうは読売新聞オンラインから全文引用しておきます。

豚インフル→インフルA、養豚配慮してWHOが呼称変更

 新型インフルエンザの呼称をめぐり、世界保健機関(WHO)は30日、「インフルエンザA(H1N1)」に改めると発表、従来の呼称「豚インフルエンザ」を取り下げた。養豚関連産業への配慮からだ。

 「豚―」と最初に呼び始めたのは米疾病対策センター(CDC)。発生地メキシコでの調査で、豚から人に伝わった可能性が有力となったからだ。

 だが、この呼び方はウイルスが豚肉を介して感染するとの誤解を与え、各国の消費者の間に豚製品を敬遠する動きが広がった。実際は「新型」ウイルスは人から人にうつる型に変異しており、今後の感染拡大で、豚はもはや無関係だ。

 メキシコや米国で最初の感染例が見つかった直後から、国際獣疫事務局(OIE)は発生地にちなんだ「北アメリカインフルエンザ」を提唱。米政府は29日から、「農家の生活を守るため」として、「H1N1インフルエンザ」の呼称に切り替えていた。イスラエルでは、ユダヤ教で「不浄」とされる「豚」の呼称がきらわれた。

 「混乱をまねく」として呼称変更に消極的だったWHOも、OIEとの30日の共同声明で、「調理された豚肉や豚肉製品を食べて感染することはない」と強調した。(山口香子)

(2009年5月1日21時50分  読売新聞)

朝日新聞からも全文引用。

WHO、呼称を「インフルエンザA(H1N1)」に

 【ジュネーブ=南島信也、ワシントン=勝田敏彦】世界保健機関(WHO)は30日、新型の豚インフルエンザの呼称を「インフルエンザA(H1N1)」とすると発表した。関係者によると、各国の養豚業者などからWHOに対し、「豚」という言葉を使わないよう申し入れがあったという。国連食糧農業機関(FAO)などの国際機関も同様の主張をしたため、WHOが妥協した。

 ただ季節性インフルエンザAソ連型(H1N1)と混同しやすくなるため、WHOでは対応に苦慮している。

 また、米疾病対策センター(CDC)もウェブサイトから「豚インフルエンザ」という文字を消し始めた。30日の下院エネルギー商業委員会の公聴会で、アイオワ州選出の議員が「畜産業への経済的影響は甚大だ」と追及。その後、CDCのウェブサイトでこれまで「豚インフルエンザ」と書かれていた部分が「H1N1インフルエンザ」に置き換えられ、豚インフルエンザはかっこ書きになるなどした。

 〈大槻公一・京都産業大教授の話〉 Aソ連型も同じH1N1なので多少混乱するかもしれないが、豚肉への無用な風評被害を防ぐためにはいいことだと思う。これで人から人にうつる人のインフルエンザであるとわかる。「メキシコかぜ」などの地名がつくかと思っていたが、今回はつかなかったことから世界保健機関(WHO)は最初の発生地がどこなのか決めかねていることを示しているのかもしれない。

もののついでなので、「インフルエンザA(H1N1)」について最低限知っておくべき情報とネット上の信頼できる情報源まとめ - GIGAZINEも貼っておきます。あんまり見てません。

| | Comments (51) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »