« December 2009 | Main | June 2010 »

May 2010

May 31, 2010

訂正・・・

リンク: 「電子書籍のオープンプラットフォーム構築へ」 ソニー、KDDI、凸版、朝日新聞が新会社 iPad、Kindle対応の可能性も - ITmedia News.

iPadの話でテキトーなことを書いたけど、反省。

朝日新聞がKDDIやソニー、凸版とやるのはオープンプラットフォームなのだそうです。

 新会社の売りは「オープン」だ。事業企画会社は4社出資で立ち上げるが、参加企業をさらに募った上で、事業会社に移行する。ソニー以外の電機メーカーや朝日以外の新聞社など、4社の競合の参入も歓迎。具体的に話を進めている企業もあるという。出版など関連業界にも広く参加を呼び掛けていく。

 対応フォーマットや端末、電子書籍ストアなども「1つに絞らない」(米Sony Electronicsの野口不二夫上級副社長)という。複数のフォーマット、さまざまなメーカーのハード、多様な電子書籍ストアを使えるようにし、「いつでもどこでも、読みたい電子出版物を手軽に楽しめる機会を提供したい」としている。iPadやKindleに対応する可能性もあるという。

そうそう。ぜひそうしてください。
そういうコンセプトなら期待できるのが、たとえばソニーのLIBRIeで一度買ったコンテンツを、携帯でもiPadでも読めるような仕組みです。そしてできるだけ早く~!

| | Comments (14) | TrackBack (0)

オカマイラー成果報告

12月から始めたオカマイラー生活半年の成果。

ANAカードのポイントが15000を超えてました。
100円で1ポイントとはいえ、流石にほとんどキャンペーンでもらったポイントです。
しかし、これをマイルに移行するには、5千円もかかります。おぉ。

Edyとかで地道に貯めているANAマイルのほうも、乗っても無いのにじわじわ増えてました。
うち1000ポイントはやっぱりカード入会キャンペーンです。

合わせるとハイシーズンの鹿児島との往復が余裕でいけるくらいになってます。
おお、成果出たみたいな?

ちなみに機会はまったくないけど、一番お得感があるマイレージの使い方は、国際線のエコノミー→ビジネスアップグレードらしい。

| | Comments (442) | TrackBack (0)

May 30, 2010

iPadを触ってきました

土曜日に外で暇な時間があったので、発売されたばかりのiPadを触りに銀座のアップルストアに行ってきました。

大変なお客さんの数で、店内はすれ違うのも難しいくらいの大盛況。

iPadの置いてあるあたりも人だかりができていて、ちょっと触るのは難しいかな~と思っていたら、偶然目の前の方が触っていたiPadを手放したので、ラッキ~とばかりに拾い上げました。

iPhoneも持っていない私ですが、iPadを触ったらぜひ試したかったこと。

その1iBooks

試用機にはくまのプーさんの英語の本と羅生門の英訳(後ろに日本語もあり)の本が入っていました。

文字のサイズは多少の変更が効きます。アルファベットはフォントも変更できますが、日本語は同じフォントしか選べない模様。
普通、日本の電子書籍リーダーは縦書きと横書きを切り替えられますが、iBooksではその機能を見つけられず。
羅生門も残念横書きのままでした。
他の本はどうなのだろう・・・。

ページをめくるのはすごく楽。
最初、本のどのあたりが開いているのかが直感的に分からなかったけど、よく見ると下にページを示すバーがあったので、これで把握するのでしょう。

その2産経新聞

リンク: iPadアプリ「産経新聞HD」開始、高精細な閲覧が可能、月額1500円 - ケータイ Watch.

産経新聞も見てきました。素晴らしいです。
株価欄の文字を取ってくるのはちょっと時間がかかりましたが、それ以外はストレス無く紙面を読むことができました。

触ったときは有料なのを知らなかったので月1000円~1800円くらいで提供すればいいのにと思っていましたが、ニュースで見たら月額1500円とのこと。妥当です。

今年の4月に日経新聞のWeb刊が出たときは、とても期待していたのに、その価格・内容を見て頭がおかしい(古い)としか思えませんでした。
せっかくのコンテンツ主導の事業なのに、iPhone・iPadのUIを活かさないのはもったいない。アプリや産経だけではiPhoneを買おうと思わないが、日経の紙面が読めるなら買うという人も相当数いると思うのですが・・・。

朝日新聞は、ソニーとかKDDIとかと一緒に別の電子書籍プロジェクトを始めてしまいました。詳細は不明ですが、これはハードとインフラでコンテンツを囲い込む傾向になると思われ、なんだか腹立たしい。ごめんなさい。根も葉もないコメントでした。今のところオープンプラットフォームを目指しているらしいです。

日経新聞や朝日新聞、読売新聞の偉い人は今すぐiPadで動く産経新聞HDを触ってみるべきです。まったく採算が取れないところにコンテンツを提供しないというのは理解できますが、今のiPhone・iPadの勢いでそれはあり得ないはず。
コンテンツを提供する会社は、なるべくニュートラルな立場で、利用者が好きな手段でそのコンテンツを手にできるようにしてほしいと思います。

個人的には、新聞の紙面を読む手段が数社出揃ったら、そのときがiPadの買い時だと思っていますが、そういう日は訪れないかなぁ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main | June 2010 »