ニュース

Mar 23, 2011

フランスから提供された放射線防護服は…

今テレビで福島第一原発への消防隊員による3/18の23時台の放水の模様が放送されているのだけど、見慣れたオレンジ色に黄色い蛍光帯がついた消防服に防護マスクのようなものを付けている。大丈夫なのだろうか。

原発の国フランスから1万着の放射線防護服・手袋が送られたというニュースをかなり最初のころに見たと思うのだけど、と思って確認したところ、「17日に発送」となっていた。
消防服よりはましなのではないかと思うのだけど…。

| | Comments (179) | TrackBack (0)

Nov 30, 2009

ルールはルールといいますが

リンク: <キャリーバッグ>機内持ち込み、12月からサイズ厳格化(毎日新聞) - Yahoo!ニュース.

また消えちゃうと思うので記事から引用。

国内航空各社が12月1日から、航空機内に持ち込める手荷物の大きさの制限を厳格に適用する。制限サイズを超えた大型のキャスター付きのキャリーバッグを持ち込む乗客が増え、荷物棚に収納できず出発が遅れるケースが続発したためだ。制限を超えていても申告しなければ機内に持ち込めたケースが、保安検査場で計測され「排除」されることになる。

(中略)

12月から機内に持ち込める手荷物は、客席が100席以上の機種で、3辺の合計が115センチ以内、かつそれぞれ幅55センチ、高さ40センチ、奥行き25センチ以内に。また、100席未満の機種は、合計が100センチ以内で各辺が45センチ、35センチ、20センチ以内に統一する。手荷物はすべて保安検査場でチェックし、制限サイズをオーバーする手荷物はカウンターで預けるか、壊れやすい場合は追加料金(片道一律1万円)で荷物用の座席を確保することになる。

(中略)

制限の厳格化は音楽家たちにも影響を与えそうだ。「命より大切な楽器をスーツケースと一緒に預けるなんてできない」と音楽家の間では困惑が広がる。バイオリンケースは小さいものでも3辺で計130センチ前後だが、これまではほとんど無料で自分の隣の座席に置き、満席時は荷物棚に入れてきたという。

確かに、今までなら、空いているときは乗務員さんが親切にも空席に楽器をシートベルトで固定してくれたりもしました。

私の普段持っているダブルケースは、カタログ値で55cmx23cmx20cm。
足して98cmなので、なんとか大丈夫。
あと大丈夫そうな楽器は、フルートとか、クラリネットとか、オーボエとかバチとかその程度?←ホルンもケースのメーカーによってはいけそうらしいです。
一番長い辺がトランペット程度というのは、結構厳しいと思う。

繁忙期は、とか、満席(とか予約率○%以上)予定なら、とかの融通をきかせられないんでしょうかね。

こないだ国際線で半分くらい使った歯磨きのペースト(液体扱いだそうです・・・)を没収されて、とっても悲しい思いをしたことを思い出します。

| | Comments (43) | TrackBack (1)

May 20, 2009

近いですね

新型がついに関東に上陸したのを確認したそうですが、洗足学園の生徒さんだったとは…。
きっとお隣の駅です。大変近いです。

明日から電車内のマスク率が上がりそうですな。
私はどうしようかなぁ。まだ買えるのかしら。

といっても、帰宅後から高熱が出て学校には登校していないそうです。
40度を超える熱なんて、きついだろうなあ。

昨日あたりに朝集合した新大阪駅で校長先生に即解散を告げられた修学旅行生に引き換え、学校の企画でNY行ってたなんて羨ましい話です。
代表なんだから優秀な生徒さんなんでしょうけどね。

5/11出発だったというから、ある程度は覚悟の上で(というか、用心はして)行ったんでしょうに、感染してしまうんですね。そして、高校生が圧倒的に多い。なんなんでしょ。

| | Comments (295) | TrackBack (1)

May 02, 2009

改名の理由

世界中で警戒されている旧名「豚インフルエンザ」が、、「インフルエンザA(H1N1)」に名称変更されました。日本の報道では「新型インフルエンザ」に切り替えているみたいです。

ソ連型とかAソ連型と呼ばれているものも同じA型のH1N1亜型というようです。めんどくさいのでWikipedia見てみました。A型インフルエンザウィルスの項です。

分離された変異株は名前を付けられて管理される。名前は以下の条件の上から下へ順番に名付けられる。

・型(A型、B型、C型のどれか)
・主な宿主(例:ヒト)
・分離された場所(例:福建)
・分離された順番(例:411番)
・分離された年(例:2002年、下2桁のみの場合もある)
・亜型(例:H3N2)
インフルエンザウイルスはヘマグルチニンとノイラミニダーゼの種類によってHとNの番号が付けられる。
このようにして名付けられたA/Fujian/411/2002(H3N2)は福建(Fujian)で2002年に441番目に分離されたH3N2のA型インフルエンザウイルスであることを示している(宿主がヒトの場合は省略されるがヒト以外の場合は型の後に入れられ、A/equine/Miami/1/63(H3N8)のように表記される)。

ソ連型というやつは、「A/USSR/90/77 (H1N1)」という名前でよばれる変異株だそうです。

ニュースのほうは読売新聞オンラインから全文引用しておきます。

豚インフル→インフルA、養豚配慮してWHOが呼称変更

 新型インフルエンザの呼称をめぐり、世界保健機関(WHO)は30日、「インフルエンザA(H1N1)」に改めると発表、従来の呼称「豚インフルエンザ」を取り下げた。養豚関連産業への配慮からだ。

 「豚―」と最初に呼び始めたのは米疾病対策センター(CDC)。発生地メキシコでの調査で、豚から人に伝わった可能性が有力となったからだ。

 だが、この呼び方はウイルスが豚肉を介して感染するとの誤解を与え、各国の消費者の間に豚製品を敬遠する動きが広がった。実際は「新型」ウイルスは人から人にうつる型に変異しており、今後の感染拡大で、豚はもはや無関係だ。

 メキシコや米国で最初の感染例が見つかった直後から、国際獣疫事務局(OIE)は発生地にちなんだ「北アメリカインフルエンザ」を提唱。米政府は29日から、「農家の生活を守るため」として、「H1N1インフルエンザ」の呼称に切り替えていた。イスラエルでは、ユダヤ教で「不浄」とされる「豚」の呼称がきらわれた。

 「混乱をまねく」として呼称変更に消極的だったWHOも、OIEとの30日の共同声明で、「調理された豚肉や豚肉製品を食べて感染することはない」と強調した。(山口香子)

(2009年5月1日21時50分  読売新聞)

朝日新聞からも全文引用。

WHO、呼称を「インフルエンザA(H1N1)」に

 【ジュネーブ=南島信也、ワシントン=勝田敏彦】世界保健機関(WHO)は30日、新型の豚インフルエンザの呼称を「インフルエンザA(H1N1)」とすると発表した。関係者によると、各国の養豚業者などからWHOに対し、「豚」という言葉を使わないよう申し入れがあったという。国連食糧農業機関(FAO)などの国際機関も同様の主張をしたため、WHOが妥協した。

 ただ季節性インフルエンザAソ連型(H1N1)と混同しやすくなるため、WHOでは対応に苦慮している。

 また、米疾病対策センター(CDC)もウェブサイトから「豚インフルエンザ」という文字を消し始めた。30日の下院エネルギー商業委員会の公聴会で、アイオワ州選出の議員が「畜産業への経済的影響は甚大だ」と追及。その後、CDCのウェブサイトでこれまで「豚インフルエンザ」と書かれていた部分が「H1N1インフルエンザ」に置き換えられ、豚インフルエンザはかっこ書きになるなどした。

 〈大槻公一・京都産業大教授の話〉 Aソ連型も同じH1N1なので多少混乱するかもしれないが、豚肉への無用な風評被害を防ぐためにはいいことだと思う。これで人から人にうつる人のインフルエンザであるとわかる。「メキシコかぜ」などの地名がつくかと思っていたが、今回はつかなかったことから世界保健機関(WHO)は最初の発生地がどこなのか決めかねていることを示しているのかもしれない。

もののついでなので、「インフルエンザA(H1N1)」について最低限知っておくべき情報とネット上の信頼できる情報源まとめ - GIGAZINEも貼っておきます。あんまり見てません。

| | Comments (51) | TrackBack (0)

Apr 24, 2009

中国という国

本当は、草なぎさんのことよりは、こういうのを取り上げたいんだけどね。

リンク: 中国、ITソースコード強制開示強行へ…国際問題化の懸念 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

じゃあ、中国では生産も販売も止めたら?と思っちゃうけどね。

| | Comments (38) | TrackBack (0)

違和感

こちらに週刊朝日の編集長さんが書いた草なぎ剛事件に対するブログ記事:草彅剛「全裸で逮捕」報道への違和感があります。

昨日、だいぶ呑気に書いていた草なぎ剛さんの逮捕ですが、この「違和感」という言葉は確かにしっくりきますね。

最初、聞いた時は、酔っ払いすぎて暴れて警官殴っちゃったんだろうと、てっきり公務執行妨害なんだろうな、と思っていたのですが、ニュースを見たら「公然わいせつ罪」だったんですよね。

今日になって同僚と、なんで酔っ払って脱いだだけで「公然わいせつ罪」なのか、という話をちょうどしていたところで、「公園がパブリックスペースだかららしいですよ」と言われ、「ふーん、路上と一緒ってことかしら。別の場所に行けば路上にいっぱいいそうなのにねえ。」(本当にいるかは知りません)なんて感じで。

脱いでいたとしても一般人の酔っ払いに対する家宅捜索は、流石にありえないでしょうから、芸能人→ドラッグだと思って勇み足だったのを、事件性はないけどガンガン詳報を垂れ流してマスコミに食わせ、大ニュースにさせることでごまかしている、というのであればなんか納得です。

それを「陰謀説」とまでは思いませんけどね(思ったって真実を知りようがない)。
警察畑はよく知らないけれど、公務員は一にも二にも保身大事。
動きがいいように見えるときは自分が責められないようにという動機が一番強いように思います。

まあ、でも何度も言うけど、自覚はないよね。

| | Comments (96) | TrackBack (0)

Apr 23, 2009

草彅剛事件

もしタイトルが文字化けしているとしたら、申し訳ない。

Vistaなので「なぎ」の字が入力できます。
(翌日)訂正します。XPでも補助漢字に入ってたので使えますね。
ココログはどうなっちゃうのかな?と思って敢えて使ってみましたよ。あっさり投稿できました。

本日大衝撃の草なぎ剛さんの逮捕。

盛大に酔っ払って、公園で服を脱いで喚き散らしていたとか。

何かに追い詰められて酔っ払ったのか、単にご機嫌だったのか知りませんが。
バカだし、いい年して自覚ないなとは思うけど、そこまでの落ち度かというと、うーん、個人的には結構同情してます。
痴漢目的で前をさらしていたというわけでもないし。

もう、マスコミなんて一瞬で「草なぎ容疑者」に切り替えてるんだものね。
人間性を捨てなきゃいけない因果な商売だと思うことしきりです。

それより、取り押さえられるときに「シンゴー、シンゴー」と叫んでいたのを「意味不明な」と表現されているのが面白いですね。さすがに意味は分かるでしょ。

草食系の安牌的な存在だった彼のCM群。
 ・地上波デジタル放送
 ・公共広告機構
 ・昆布ぽん酢
 ・トヨタレンタカー
 ・アリエール(洗剤)

そして公開前の映画「BALLAD~なんとやら」。

きっと大変な損害になるのでしょうね。
やっぱり自覚がないとしかいいようがないのかな。

好きな芸能人というわけではないけれど、頑張り屋さんなイメージがあります。
小さい頃は可愛かったのに、大きくなったら個性的という以外には表現しようのない印象になってしまい、ああ残念というところを、事務所の力も借りながらも、味のあるアイドルとして道を切り開いてきた感じがあるので。

「ぷっ」すま、どうなっちゃうのかなぁ。
数少ない録画してまで見る番組なのに…

| | Comments (341) | TrackBack (1)

Apr 07, 2009

あれ、くっついちゃった

Yahoo!動画は、十二国記でお世話になりました。
GyaOはミラクルさんの番組をちょっと見たりしました。
Yahoo!はサービスを後付けで有料化するイメージがあるので、くっついてGyaOの有料プログラムが増えてしまうのではないかと心配…。

Yahoo!動画とGyaO統合、「権利者を尊重する」No.1動画配信プラットフォームに - ITmedia News.

| | Comments (145) | TrackBack (0)

映画公開の署名活動だって~

署名活動するなら『署名TV』っていうサイトがあるとは知りませんでした。

南京事件を描いた映画「ジョン・ラーベ」の日本公開を求める署名

があったので、試しに署名してみましたよ…。

名前を非公開にできますが、ニックネームでも署名できます。
署名なのにニックネームというのが気持ち悪いので、一応名前は入れましたが。

あと、自分で署名しておいて何なんですが、ちょっと気になる。
「各映画配給会社に提出」とありますが、1000人分くらいで動くのかしら…
といっても、まだ89人しか集まっていませんね。

| | Comments (495) | TrackBack (0)

Apr 03, 2009

「南京のシンドラー」と日本の何か

「ジョン・ラーベ」という映画が日本では上映できないそうです。

中国・フランス・ドイツ合作の映画で、今年のベルリン映画祭で上映された作品です。

ジョン・ラーベは、1937年の日本による南京攻略・占領当時に南京に在住したドイツ人実業家(ジーメンスの支社長だそうです)。(ネットで検索すると武器商人であったという主張もあるが、本当のところは私にはわかりません。南京事件-日中戦争 小さな資料集というサイトに検証があります。)

「南京の真実」という邦題で出版されている本で当時の日記を編集したものを残しており、民間人を保護したことから、「南京のシンドラー」とも呼ばれているそうです。「南京の真実」(原題 Der gute Mensch von Nanking、英訳題The Good Man of Nanking)には誤訳や、事情があっての変更があるようですので、読むなら英訳・原書を読む方がよいようです。
南京大虐殺論争というものがあり、今でも規模やその内容を論争する向きがあるようですが、このジョン・ラーベという人の書き残している内容は、日本の保守派の人にとって大変都合が悪いのだそうです。上映が日本でされないのも、そういった関係であるようですが…。Googleで検索するとシンドラー(これ、シンドラー社も含むからなあ…)は34万1千件ヒット、ジョン・ラーベは3万5千100件ヒット。かなり日本での知名度は落ちるようです。

それにしても、例え虐殺が20万人、30万人の規模でなかったからといって、何か軽くなるものがあるのでしょうか?
戦争を起こし、民間人に対して例え数人にでも残虐な行為を行ったのであれば、それは反省しないといけないし、二度と起こることのないように心に記しておきたい。
残念ながらこの事件というのは、私には過去に済んだことであるし、当事者の家族でもないので正直言って非常に遠い出来事です。だからといって忌むべき行為は忌むべき行為であり、その数を云々して何かが変わるとも思えません。数は攻撃や取引の材料とはなるのでしょうが、既にそれは歴史を知る目的からは逸脱していると思うのです。
子供にこの歴史を教えるとき、被害者の数を~人という説もあれば、~人という説もある、という説明をすると、何か大事なものを見失ってしまうような気がします。
死者の数も正確に把握できないほどの背景はどういうことなのか、何の落ち度もなく殺されるということがどういうことなのか、どこかで被害者に出会い、その人が日本のことを恨んでいたとしたら自然と頭を下げられるくらいの情報が得られればと思います。

インターネットという匿名性も手伝ってか、私が子供のころよりも、中国や韓国のように戦時中の関係が気まずい国に対して不快な態度をあからさまにし、こういう話について根拠の有無にかかわらず妙な主張をする人が増えたように思い、それも残念なことです。しばらく前には皆無だった愛国心と言えないこともないんでしょうが…。

私は、今まで日本に生きてきて、都合が悪い映画だからと言って日本では上映ができない、というような国であると日本のことを認識してはいなかったのですが、残念ながらそういう国であったようです。DVDくらいは出るんでしょうかね?

歴史において大なり小なり反省するところのない国などないのだから、戦争をした日本というものをこういう映画を通して見て第三者(もしくは当事者としての中国)の視点から見て、人として国として何を大事にしていくのがよいかを考える機会を得るほうがよほど建設的であると思います。

| | Comments (106) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧