花粉症・その他健康関係

Jan 19, 2004

花粉予測

MedWave : 今春の花粉飛散量、関東は例年比5~30%前後--気象協会予測
前から言われていたことなのですが、一応流れがあるのでこちらに。嬉しい予測です。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Dec 23, 2003

ニコチンパッチでお年寄りの記憶力アップ?なんて記事を見たら

ニコチンパッチでお年寄りの記憶力がアップ!
ニコチンパッチを貼ったお年寄りの記憶力や注意力が2倍アップした。しかし、偽薬組では変化はなかっった。その後、グループごとに反対のパッチを貼ったが、やはりニコチンパッチで記憶力が向上した。
ということですが、喜んでニコチンパッチを使うのには、待ったをかけたいところです。
こういう年齢に抗う発見は歓迎されやすく、メディアでもだいぶ取り上げられているようなのですが、この記事では肝心なところを伝えて来ていません。
確実を期して元の文献を探そうと思ったのですが、見つからないし、多分有料。どちらにしても、PsychopharcologyではなくてPsychopharmacology。そらそうか、「精神薬理学」だものね。
一応、大学のリリースは発見。
|| DukeMedNews || Nicotine Patch May Alleviate "Senior Moments"
この辺を引用しておきます。
The researchers emphasize that, despite the possible benefits of nicotine, the results should not encourage smoking. They also caution that nicotine patches have associated health risks including nausea, dizziness, and increases in blood pressure and heart rate and have not been approved for long-term use.
ということなので、確かにニコチンは記憶の低下に効用がある可能性があるけれど、健康を脅かす種々の危険をはらんでおり、長期間の服用が認められていないこと、研究者自身がこの研究報告で喫煙を勧めるものではないと強調しているということを認識した上で、初めてこの記事には「へぇ〜」ということができるわけです。

| | Comments (443) | TrackBack (0)

Dec 21, 2003

やめたいけれどやめられない子には

asahi.com : 大学で学ぶ「禁煙の心得」 支援プロジェクト、全国で
始めるのは簡単だけど、やめるのは難しい。だったらみんなで頑張りましょう。というのを大学でもやってくれるそうで。素晴らしいですね。確かに、周りに何で喫うようになっちゃったのかなあ、という子たちがたくさんいた。
しつこいようだけど、私としては煙も臭いも全部自分の体内で始末してくれるなら喫ってもらうのは構わないと思う(それができるわけないから構ってるんだけど)。癌になりやすいと言っても、統計的には明らかみたいだけど個人で見たら本来の寿命が分からないんだから、縮まったところで分からないんだし(といいつつ大事な人には絶対喫わせないけど)。でも、どんどん肩身が狭くなって行きますから、喫わない方が楽に生活できるんではないでしょうか。
あ、でも一つだけいいと思うのは、喫煙者が打ち合わせのリーダーだと必ず一時間経つ前に休憩が入りますね。喫わない人だと自分がトイレに行きたくなるまで休まない。どっちもどっちですが、効率的にやれる人ならどちらでも。
本筋とは逸れますが、
 京大保健管理センターの川村孝所長によると、京大生男子の入学時の喫煙率は3%だが、4年生は21%に増える。
この3%はどうよ、という数字。問診カードのようなもので量っているとすれば、現役か一浪ならまだ10代だから全員は申告しないでしょう。

| | Comments (230) | TrackBack (0)

Dec 13, 2003

花粉症シリーズ3: 5社5様の花粉症対策商品

サプリ&機能性食品:【解説】 注目の5社5商品群が登場へ
先日の、コカコーラによるミント紅茶は、「春のミント習慣」という名前だった。ヘンな名前。
あとは、乳酸系、トマト系、キノコ系。すべて、ヒトで試験して一定の成果をあげているようなので、もとネタを調べれば効果のほども分かるかも。
 ここで紹介した5社5商品群は、いずれも03年あるいは02年の花粉症シーズンに、花粉症の症状を緩和できることをヒトで確認した商品群だ。
 しかし、薬事法による制限で、ヒト試験の研究結果を、商品と一緒にして消費者に伝えることができない状態が続いている。
っていうのは寡聞にして初めて知りました。

| | Comments (345) | TrackBack (2)

Dec 08, 2003

花粉症シリーズ:今度は網戸

asahi.com : 防ぐ「網戸」登場 極小の目で8割以上侵入カット
従来品より網目の大きさが100分の1で、通気性は3割程度落ちるものの、花粉の8割以上をカットするという。
残り2割弱が平気なら、窓を閉め切らずに済むらしい。
ちなみに、この記事には先日私が勝手に推測した花粉症人口1300万人をはるかに上回り、
花粉症患者は2千万人にのぼるといわれ
との記載がある。ますますビッグ市場です。極細繊維だそうなので、個人的には手触りに期待していたりする。

| | Comments (108) | TrackBack (1)

Dec 06, 2003

ちゃんとヒトで試験。日本コカコーラの花粉症の症状を緩和する紅茶飲料

Nikkei BP Network | BizTech | 日本コカ・コーラ、花粉症の症状を緩和する紅茶飲料を1月発売
 ペパーミントからの抽出物「ミント・ポリフェノール」が効くんだそうです。ヒトで試して1日1本8週間で、鼻粘膜の腫れ等の症状が緩和したという結果。試験したのは総医研だから期待できるらしい。
 にしても、8週間にわたって飲まないといけないのなら、例えば、へルシアのような価格設定として、これをやってみる人一人あたり、60日×180円で10,800円の売上になる。
 ところで、薬辞苑によると、

スギ花粉症人口は、日本人の10%をこえるといわれています。
ということなので、1300万人として、そのうち5%がこれに飛びついたとすると、65万人。売上は70億2千万円だ。5%でこれなら・・・・
継続してくれればの話だけど。

| | Comments (235) | TrackBack (1)